アイデムスマートエージェントの年齢制限を調査!

アイデムスマートエージェントの年齢制限を調査!

アイデムスマートエージェント

 

アイデムスマートエージェントを利用するにあたり、
自身の「年齢」を気にしている人もいるかと思います。

 

「経験・スキルの乏しい若年層でも支援してくれるのだろうか?」
「ある程度年齢を重ねているが、求人を紹介してもらえるのだろうか?」
「どんな年齢層に利用されている会社なのだろう?」

 

ここでは、これらの疑問を解決すべく「年齢」について調査しました。

 

 

登録者の分布から年齢制限を考える

アイデムスマートエージェントでは利用者の年齢分布が公表されていませんが、
公式サイト内の文言から考察することは可能です。

 

アイデムスマートエージェント年齢

 

登録者の80%が20〜30代という、若年層から圧倒的な支持を獲得している・・・。

 

 

30代を若年層とするかは別として、若い年齢層に最適な会社だとは判断できますね。

 

当社は20代〜40代をターゲットとしていますが、新卒(フリーター、既卒)の就職を支援していたり、第二新卒に代表される20代前半〜中盤の転職支援に強みを持っているので、その影響から若年層により強いんだと考えられます。

 

 

この実態を踏まえた上で考察した結果は以下の通りです。

 

  • 20代はメインターゲットとして最適
  • 30代もターゲットとして利用できる(より若い人ほど◎)
  • 40代以降も利用可能だが最適ではない

 

年齢に関してはこの認識で間違いないでしょう。
ただ、幅広い年齢に対応した総合型エージェントであることに疑いの余地はありません。

 

人材紹介業としての豊富な実績や25万もの企業との取引実績がある会社で、
独自案件が豊富な利用価値の高い会社です。

 

この会社に可能性を感じるならば、年齢は気にすることなく利用しましょう!
それが最も正しい選択だと思います。

 

20、30代の方はもちろん、40代の方もです!

 

 


関連ページ

アイデムスマートエージェントはフリーター利用に適しているのか?
フリーター(既卒者)がエージェントを利用するならば、「フリーターをターゲットとしている会社」を選択することが大切です。その理由と共に、当エージェントのフリーター適正について詳しく解説しています。
アイデムスマートエージェント登録方法(画像付)POINT解説!
アイデムスマートエージェントの登録方法を画像付きで詳しく解説しています。特記事項や登録時のポイントにも言及していますので、参照しながら登録を完了させて頂ければと思います。
アイデムスマートエージェントの面談場所と求人地域を考察!
エージェントを利用するにおいて、面談は非常に重要で、面談場所はそのまま求人対象地域を表すことにもなります。アイデムの面談場所と求人地域から、どんな人に適したエージェントなのかを確認しましょう。
アイデムスマートエージェントは第二新卒の転職に最適か?
第二新卒者がエージェントを有効活用するには、「第二新卒をターゲットとしている会社」を選択することが重要です。その理由と共に、アイデムスマートエージェントの第二新卒適正について詳しく解説しています。
アイデムスマートエージェントの「2ch」評価はあなたに関係なし!
アイデムスマートエージェントを利用するにあたり、2chの評価を確認する・・・。間違ってはいませんが、あまり意味はありません。他人の評価はあなたに関係がないからです。そう言い切る理由を詳しく解説しています。
アイデムスマートエージェントの「求人」紹介はどんな?
エージェントの利用にあたって、紹介求人の把握は重要です。何故なら、希望職種とマッチしていなければ利用価値が半減するからです。ここでは、アイデムスマートエージェントの求人(職種、割合)について詳しく解説しています。
アイデムスマートエージェントの「評判」から利用価値を探る!
アイデムスマートエージェントの評判を示すと共に、その評判が転職者にどんな価値を与えてくれるのか?という観点で利用価値を探っています。当エージェントの利用を検討しているあなたに贈る内容です。
アイデムスマートエージェントは既卒の就職も支援してくれるのか?
既卒未就職者が就職を目指すのに、アイデムスマートエージェントは使えるのでしょうか?この疑問を解決する為、既卒者に対する適性度を調べてみました。