転職エージェントが「食事」に誘う3つの意図と対策!

転職エージェントが「食事」に誘う3つの意図と対策!

食事

 

転職エージェントの担当者から「食事」に誘われる・・・。

 

基本的にはあり得ないことですが、時にこんな事例も発生しているようですね。転職者側からすると、その「意図」が気になりますよね。

 

ここでは、エージェントが食事に誘う意図と共に、理由別の対策(考え方)をお伝えします。

 

  1. 超優良人物として期待されている
  2. 転職先決定のお礼と継続勤務の布石として
  3. 異性として興味を持っている

 

 

 

 

1.超優良人物として期待されている

これは、面談前(面談時)に食事に誘われたケースが該当します。

 

基本、面談は転職者側がエージェントの会社(拠点)に足を運んで行いますが、絶対に逃したくない高スペックの人に対してはエージェントが出向くこともあります。

 

「面談ですが、軽く食事でもしながらどうですか?」

 

一度も会ったことがない段階でこんな誘いがあれば、あなたはエージェントからめちゃくちゃ期待されている可能性があります。

 

エージェントからすると、「市場価値が高い人物なので、しっかりとフォローすることで売上に繋げたい」という思惑があるのです。絶対に逃したくないので、最優先で親身に対応するといったところですね。

 

このパターンに該当する場合は、特に危惧するところはありません。それ故、食事の誘いに乗るかどうかは、あなたの考えで判断すれば問題ありません。

 

食事をしながらの面談でも問題なければ素直に応じればいいし、食事なんて行きたくなければ断ればOKです。(食事を断ったからといって優良転職者に対する扱いは変わりません。もしこれで態度が変わるようなら、低レベルの担当者だったということです。)

 

仮に食事に行ったとしても「恩」を感じる必要はありません。何故なら、「食事を御馳走になったから、このエージェントで転職先を決めなくては」などの考えは、正常な判断を妨げる原因に成り兼ねないからです。
食事を誘ってきたのは、売上に繋げたいという意図があってのこと。これはあくまでもエージェント側の都合なので、あなたは自分の意思を貫くことです。

 

 

2.転職先決定後はお礼と今後の継続勤務を促す意図がある

担当エージェントからすると、自身が受け持つ転職者が入社を決定してくれると、企業から多額のコンサルフィを獲得できます。これは、日々ノルマと戦っている担当者にとって「最高のご褒美」となります。

 

その為、本当にお礼の意味で食事に誘うことがあるようです。

 

但し、ここにも裏の意図が隠されていることがあります。それは、「入社後の即退社を防ぐため」というものです。基本、入社した人がすぐに辞めてしまうと、エージェント側は企業にコンサルフィの一部を返還しないといけません。これが結構な痛手なんですね。

 

だから、食事の席で「こんな辛いことがあっても頑張って下さい」「最初は戸惑うところがあるかもしれませんが、それは当たり前ですよ」「何か困ったことがあったら相談して下さい」と念を押すんですね。

 

このパターンに該当する場合もあなたの考えで判断すればOKです。

 

裏の意図まで把握していれば、何も怖い所はありません。食事に行っても良いと思える担当者なら行けばいいし、単純に行きたくなければ断ればOKです。

 

 

3.異性の場合は恋愛感情も無きにしも非ず

担当者が異性の場合は、この可能性も捨てきれません。

 

それ故に、異性の担当者に食事に誘われた場合は注意が必要で、「転職者」と「担当者」という以上の関係を望まないのであれば、「基本的には断る」という選択が無難でしょう。

 

転職者の希望を実現する役割を担っているにも関わらず、自分の欲望を満たすのに仕事を利用する担当者のレベルは知れています。そんな低レベルの担当者に付き合う必要はありませんし、時間の無駄です!

 

 

 

 

転職エージェントと食事のまとめ

結局、転職エージェントが食事を誘うのは「何らかの意図」が存在するからで、全てがエージェント側の都合によるものです。それでいて、その意図を正確に測り知るのは難しい...。

 

それ故、基本的には「断る」という判断が最適な選択ではないかと思います。

 

私は転職エージェント利用時に食事に誘われたことはありませんが、仮に誘われたとしても絶対に行きません。何故なら、担当者と食事に行くためにエージェントを利用したわけではないからです。

 

「食事を断ると、今後のサポートに影響するかもしれない・・・」
「食事を断ると、担当者からの優先順位が下がるかもしれない・・・」

 

こんな心配をしている人もいるかもしれませんが、「エージェントから最大限の支援を受ける為には、食事に誘われたら行かなければならない!」なんてことは絶対にありません。

 

ルールが正しく定められている会社であれば、転職希望者との私的な関係を禁止しています。「このルールを逸脱したことが会社にバレて首になる!」といった低レベルの担当者も実際に存在します。

 

そんなモラルの低い担当者の元では、まともな転職は実現できません。仮に食事を断ったことで何らかの不利益を被ったならば、会社に報告して担当を変えてもらうか、さっさと見切りを付けることです。

 

 

転職エージェントは、自分の転職を成功させるためだけに利用しましょう!

 

転職エージェント側の都合に振り回される必要は一切ありません!

 

今回の転職の主役はあくまでも「あなた」です!

 

 


関連ページ

転職エージェントを使うべきか迷った時の3つの判断基準!
転職活動で多くの人が迷うのが、「エージェントを使うべきか否か?」ではないでしょうか。ここでは、そんな時に使える3つの判断基準を提供しています。あなたの迷いを吹っ切る参考情報として活用下さい。