マイナビエージェントとマイナビ転職の違いとは?

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いとは?

マイナビエージェント

 

 

株式会社マイナビが提供する転職サービスは大きく2つあります。

 

  • 転職サポートサービス「マイナビエージェント」
  • 転職サイト「マイナビ転職」

 

転職の実現を目指すための媒体であるのは同じですが、サービス内容が大きく異なります。
だからこそ、その違いを知って使い分けることが重要なんですね。

 

自分はどちらのサービスを利用すべきなのか?

 

こんな観点で読んでいただければと思います。

 

 

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェントとマイナビ転職には大きく2つの違いがあります。

 

  1. サービス体系
  2. 求人・応募

 

 

サービス体系の違い

まずは、サービス体系の違いを見ていきましょう!

 

 

マイナビエージェントのサービス体系

マイナビエージェントは「転職サポートを受けられること」が特筆すべき点となります。

 

転職者個人にキャリアアドバイザーが割り振られ、面談、求人紹介、各種支援という流れであなたをサポートしてくれます。

 

<転職サポートの内容>

 

求人紹介、応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削、面接対策(模擬面接)、企業とのやり取り全般(応募手続き、面接の日時調整・内定後の給与や各種条件の交渉、入社日の調整)など。

 

「キャリアアドバイザーのサポートを受けて転職実現を目指す!」

 

これがマイナビエージェントです。

 

 

マイナビ転職のサービス体系

転職サイトのマイナビ転職は、求人広告を集めた媒体です。

 

分かり易く言うと、「こんな企業が中途採用者を募っていますよ!」を転職者に提示してくれるサイトですね。応募フォームやメール機能(企業とのやり取りに使用)も提供してくれているので、
マイナビ転職だけで転職を完結できます。

 

エージェントとの大きな違いは「独力」で活動を行うところです。

 

企業選択、応募、企業とのやり取り、応募書類作成、面接対策など全てです。
自由度が高く、自分のペースで活動できるのが転職サイトの強みです。

 

「マイナビ転職は全て独力で自由に転職実現を目指す!」

 

簡潔にまとめるとこんな感じです。

 

 

 

求人・応募に関する違い

求人・応募に関しても大きな違いがあります。
利用する上で最も重要な違いとなるのでしっかりと把握しておきましょう。

 

 

マイナビエージェントの求人・応募について

エージェントが扱っている求人というのは、「〇〇な経験やスキルを持つ人がいたら紹介して下さい」という企業からの依頼で成り立っています。

 

こんな特性を持っているので、転職者は自分で企業を選ぶことができません
(もちろん、「紹介された求人に応募するかどうか」、「内定が出た企業に入社するかどうか」は転職者が決定できます。)

 

 

あなたの経験・スキル、キャリアプラン、希望を考慮した上で、
キャリアアドバイザーが抽出した求人の中から応募を検討することになります。

 

つまり、転職者によって「求人数」や「求人の質」が大きく変わります。

 

経験・スキル・実績が優秀な人、求める条件が高すぎない人。
こんな人は紹介される求人数が多くなります。

 

経験・スキル・実績が乏しい人、求める条件が高すぎる人。
こんな人は紹介される求人数が少なくなります。

 

 

また、紹介される求人は「あなたでも内定を取り得るだろう企業」になります。

 

あなたが内定を勝ち取って、企業への入社が決定しないとエージェントは売上が立ちません。
だから、その可能性が見込める企業が紹介されることになります。

 

 

 

マイナビ転職の求人・応募について

マイナビ転職は全ての求人に応募(厳しい挑戦や高望みであったとてもOK)が可能です。

 

つまり、転職サイトは「企業選択」や「応募」が自由にできるということですね。

 

また、定期的に新着求人が上がってくるので、継続的に利用することができます。
エージェントの場合は抱えている求人の増減が少ないので、最初にある程度紹介されると、時間の経過と共に求人紹介はなくなります。

 

ここにエージェントとの大きな違いがあります。

 

 

 

マイナビエージェントとマイナビ転職どちらを利用すべき?

利用しやすさの観点からいうと「マイナビ転職」は絶対に登録すべきだと言えます。

 

最初に企業のことを知るのに「転職サイト」ほど便利なものはありませんし、
ネット経由で簡単に求人検索・応募ができるので利用しない理由はありません。

 

 

一方、マイナビエージェントはあなたの状況次第で利用を判断すればOKです。

 

<マイナビエージェントの利用をおすすめする人>

  • 初めての転職で何かと不安を持っている
  • 応募書類(履歴書・職務経歴書)の完成度に自信がない(書類の添削を受けたい)
  • 面接に自信がない(面接対策を受けたい)
  • 自身のキャリアについて的確なアドバイスが欲しい
  • 自分の市場価値(どんな求人が紹介されるのか)を知りたい
  • 非公開求人も含めて検討したい
  • 転職サイトや他の媒体に応募したい求人が見つからない
  • 忙しくて転職活動にあまり時間を割けない

 

 

もちろん、両方使うのが最も賢明な選択となります。

 

何故なら、両者共に求人媒体であることに変わりはないからです。
「可能な限り多くの求人から転職先を選択する!」
これは、最適な企業へ転職するために必要不可欠な要素です。

 

だから、使えるなら両方使うのが正解です。

 

これは何も、マイナビエージェントとマイナビ転職だけに限ったことではありません。
あらゆる求人媒体を併用して活動を進めていくのがベストです。

 

<登録・申し込み>
両サービスを利用することに一切のリスクや損はありません。
転職を考えているのならば、今すぐ活動をスタートさせましょう。

 

登録・申し込みは以下の公式サイトからどうぞ!

 

⇒ 「マイナビエージェント」公式サイトへ
⇒ 「マイナビ転職」公式サイトへ


関連ページ

マイナビエージェント登録方法(画像付)詳細解説!
マイナビエージェントの登録方法を画像付きで解説しています。特記事項や記入時のポイントにも触れていますので、参照しながら登録を完了させて下さい。
マイナビエージェントの流れ(申込み〜入社まで)を解説
マイナビエージェントのサービスの流れ(申し込み〜入社まで)を詳しく解説しています。また、利用するにあたっての心構えや注意事項についても記載しています。全貌を把握してから利用しましょう!
マイナビエージェントの面談場所を調べてみました!
マイナビエージェントの転職サポートを受けるにあたり、キャリアアドバイザーに直接会って面談を受けることは重要です。そこで、面談が実施されている場所について、対応時間と共に調べてみました。
マイナビエージェントに年齢制限はあるの?利用年齢層から検証!
マイナビエージェントの転職サポートを利用するにあたり、年齢を気にしている人もおられるかと思います。ここでは、そんな年齢に関する疑問を解決するため、利用年齢層や制限について検証してみました。
マイナビエージェントは第二新卒でも利用価値はあるの?
第二新卒でのマイナビエージェントの利用に関して「利用可能なの?」「利用価値はあるの?」「第二新卒にとってマイナビエージェントよりも適したサービスはあるの?」というQ&A形式でお伝えします。
マイナビエージェントの「特徴(強み)」があなたにもたらす価値!
他のエージェントにはない「マイナビエージェントが持つ独自の特徴(強み)」を調査し、それが求職者のあなたにどんな価値をもたらしてくれるのかを解説しています。利用を迷っているあなたの判断基準となる内容です。
マイナビエージェントはフリーターでも利用できる?
マイナビエージェントのフリーター利用について、その実態を調査してみました。「利用できるのか?」「質の高いサポートが受けられるのか?」「最適なのか?」などの疑問を解決しましょう。
マイナビエージェントの「2ch」の評価は無視してOK!
マイナビエージェントの評価を2chで確認することもあるかと思いますが、その行動にあまり意味はありません。ここでは、そう言い切る3つの理由と共に、取るべき正しい行動指針をお伝えします。
マイナビエージェントは既卒の就職にも使えるのか?
転職支援サービス「マイナビエージェント」は、既卒者の「就職」は支援してくれるのでしょうか?既卒者にとっては気になりますよね。この実態について調べてみました。
マイナビエージェントはライバルが多く競争率が高いのか?
知名度の高いマイナビは「ライバル」が多いので、利用しても内定を取れないだろう・・・。こんな考えで登録を躊躇っている人もいるかと思います。この点を考察すると共に、正しい行動指針をお伝えしています。
マイナビエージェントの「高卒」支援の実態に迫る!
マイナビエージェントは最終学歴が「高卒」でもしっかりと支援してくれるのか?学歴を気にして利用を迷っている方もいるようですね。そこで、当エージェントの高卒支援の実態を調査してみました。