マイナビエージェントはライバルが多く競争率が高いのか?

マイナビエージェントはライバルが多く競争率が高いのか?

マイナビエージェント

 

転職の実現(内定獲得)においてライバルの数は気になりますよね。競争率は低いに越したことはありませんせんし、採用人数が少ない中途採用においては重要な要素でもあります。

 

マイナビエージェントのライバルに関して考察してみましょう。

 

 

マイナビエージェントのライバルと競争率!

マイナビエージェントは登録者数を公表していないので、正確な数値は分かりません。

 

ただ、リクルート(リクナビNEXT、リクルートエージェント)と同等の知名度を誇りますから、リクルートエージェントの利用者数「年間約41万人(約3.4万人/月)」から考えても決して少なくはないでしょう。

 

リクルートエージェントは日本全国に拠点を持つ会社なので利用者が圧倒的に多いのですが、マイナビエージェントも「年間約12万人(約1万人/月)」前後はいるかと思います。

 

それ故に、ライバルになり得る人の数は多い!という認識で間違いないでしょう。

 

「なんだ、やっぱりライバルが多く、競争率が高いのか・・・。」

 

「だったら利用しても内定は得られないだろう・・・。」

 

こんな風に考えてしまうかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

何故なら、転職エージェントにおいては「登録者数が多い = ライバルが多い = 競争率が高い」は成り立たないからです。

 

 

転職エージェントはライバルを気にするべからず!?

転職サイトの場合は、全ての利用者が同じ求人を閲覧することになるので、
「登録者数が多い = ライバルが多い = 競争率が高い」は間違いではありません。

 

人気企業だと何百倍の競争率になるのはこの為です。

 

一方、転職エージェントは「個々の市場価値」「希望」「担当者」によって紹介される求人が変化するので、ライバルはそこまで意識する必要はないんですね。もちろん、応募企業に競争相手がいることもありますが、転職サイトの比ではありません。

 

また、エージェントは企業の代わりに転職希望者を選定する役割も担っているので、大量の人を一企業に送り込むこともできません。

 

これが転職エージェントの実状ですから、ライバルの存在を気にして利用を躊躇う必要はありません。唯一、利用者が多いことによるデメリットを挙げるとするならば、担当者一人辺りが抱える人数が多くなるので、市場価値が低い人は「優先順位を低く設定される可能性がある」ということです。

 

 

気付き

 

 

「知名度の高いマイナビエージェントはライバルが多そうだ・・・。」
「競争率が高そうなので利用しても内定を取れないだろう・・・。」

 

こんな想像で利用しないのは、可能性を一つ潰すだけの行為です。

 

知名度が高いという要素は、採用側の企業にも当てはまるので、「知名度が高い ⇒ 利用者が多い ⇒ 企業にとっても利点なのでマイナビに依頼する ⇒ 取り扱う求人が多くなる」という流れが成立します。

 

それ故に、結局はどのエージェントを利用しても同じなんです。

 

ライバルや競争率は気にせずに利用する!

 

転職エージェントの利用においては、これが正しい選択です!

 

マイナビに可能性を感じているならば、利用しましょう!
可能性を追い求める行為がマイナスになることはありません。

 

お申し込みは「マイナビエージェント」公式サイトよりどうぞ!

 

20代の方は、20代限定の「マイナビジョブ20's」が更におすすめです。


関連ページ

マイナビエージェント登録方法(画像付)詳細解説!
マイナビエージェントの登録方法を画像付きで解説しています。特記事項や記入時のポイントにも触れていますので、参照しながら登録を完了させて下さい。
マイナビエージェントの流れ(申込み〜入社まで)を解説
マイナビエージェントのサービスの流れ(申し込み〜入社まで)を詳しく解説しています。また、利用するにあたっての心構えや注意事項についても記載しています。全貌を把握してから利用しましょう!
マイナビエージェントの面談場所を調べてみました!
マイナビエージェントの転職サポートを受けるにあたり、キャリアアドバイザーに直接会って面談を受けることは重要です。そこで、面談が実施されている場所について、対応時間と共に調べてみました。
マイナビエージェントに年齢制限はあるの?利用年齢層から検証!
マイナビエージェントの転職サポートを利用するにあたり、年齢を気にしている人もおられるかと思います。ここでは、そんな年齢に関する疑問を解決するため、利用年齢層や制限について検証してみました。
マイナビエージェントとマイナビ転職の違いとは?
転職の実現を目指すのは同じでも、「マイナビエージェント」と「マイナビ転職」はサービス内容に大きな違いがあります。ここでは、その違いを詳しく解説しています。最適なサービスを選択する為の参考にして下さい。
マイナビエージェントは第二新卒でも利用価値はあるの?
第二新卒でのマイナビエージェントの利用に関して「利用可能なの?」「利用価値はあるの?」「第二新卒にとってマイナビエージェントよりも適したサービスはあるの?」というQ&A形式でお伝えします。
マイナビエージェントの「特徴(強み)」があなたにもたらす価値!
他のエージェントにはない「マイナビエージェントが持つ独自の特徴(強み)」を調査し、それが求職者のあなたにどんな価値をもたらしてくれるのかを解説しています。利用を迷っているあなたの判断基準となる内容です。
マイナビエージェントはフリーターでも利用できる?
マイナビエージェントのフリーター利用について、その実態を調査してみました。「利用できるのか?」「質の高いサポートが受けられるのか?」「最適なのか?」などの疑問を解決しましょう。
マイナビエージェントの「2ch」の評価は無視してOK!
マイナビエージェントの評価を2chで確認することもあるかと思いますが、その行動にあまり意味はありません。ここでは、そう言い切る3つの理由と共に、取るべき正しい行動指針をお伝えします。
マイナビエージェントは既卒の就職にも使えるのか?
転職支援サービス「マイナビエージェント」は、既卒者の「就職」は支援してくれるのでしょうか?既卒者にとっては気になりますよね。この実態について調べてみました。
マイナビエージェントの「高卒」支援の実態に迫る!
マイナビエージェントは最終学歴が「高卒」でもしっかりと支援してくれるのか?学歴を気にして利用を迷っている方もいるようですね。そこで、当エージェントの高卒支援の実態を調査してみました。