転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?

転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?

相性

 

転職エージェントの利用において、担当コンサルタントとの相性はバカにできません。
仕事や生き方に対する価値観が近く、シンクロできるようなエージェントは大きな力になります。

 

面白いことに、同じような経験を持つ転職者であっても、担当コンサルタントによって転職先の企業にカラーが出るんですね。つまり、エージェント個人の「経歴」と「価値観」が転職者の行き先に大きな影響を与えるということなんです。

 

だから、担当コンサルタントとの相性は重要なんですね!

 

 

 

 

キャリアコンサルタントは自分が得意な業界を勧める傾向がある!?

キャリアコンサルタントには様々な業界出身者が集まっています。

 

自分が経験してきた業界は詳しくて勧めやすいのは事実!

 

メーカー出身のコンサルタントは、やっぱりメーカーの求人を紹介するのが上手いので、メーカーに行く人が多くなる。ベンチャー出身者であれば、ベンチャーを勧めたがる。
また、知っている会社、過去に自分が担当した人が充実して働いている会社もお勧めしやすい。

 

逆に、自分がイマイチよく知らない業界・会社はお勧めする自信がないので紹介を避けがちに。

 

 

この傾向があるのは事実ですから、「どんな経歴を持ち、どの業界・会社・求人が得意ジャンルなのか?」という点は、エージェントの担当者選びで重要なファクターになります。

 

担当コンサルタントの得意不得意を理解するために、過去の経歴はチェックしましょう。

 

この不整合を極力なくすため、あなたの希望業界(職種)に合わせた担当者選択が行われていますが、やっぱり完ぺきではありません。

 

 

担当コンサルタントの価値観を探ろう!

「仕事や働くことに対してどんな価値観を持っているのか?」
これを確認して自分とフィットする方に担当してもらうことも大切です。

 

コンサルタントにとって、向き合う求職者に「より良い会社で、より良い人生を送ってほしい!」という想いを持っているのは全員共通です。だから、求職者に「自分が考えるベスト」を提案します。でも、「良い会社とは?」「良い人生とは?」の問いに対する答えは千差万別ですから、やっぱり個々の価値観が色濃く反映されてしまうんですね。

 

コンサルタントは、自分と同じような志向を持つ社長・社員が多くいる企業の情報は、日頃の付き合いも多くあったりして、どんどん仕入れることができます。逆に、そうでない志向や価値観を持つ会社とはあまり付き合いがないので、「よく分からない」というが実態です。

 

たとえば、「最高の仲間とやりがいを感じられる仕事がしたい」という価値観を持つコンサルタントがいたとします。このコンサルタントは「働くことを楽しみたい!」「どうせ働くのなら、リスクあってもワクワクする仕事に挑戦したい!」といった価値観をもつ求職者には、様々な提案ができます。

 

逆に、「仕事内容はつまらなくてもいいから、とにかく安定した仕事を紹介して下さい!えーと、旧国策会社か、財閥系の企業が希望です」という依頼は苦手です。

 

もちろん、価値観が異なっても、求職者の要望を叶えようと一生懸命に探します。
でも、そいうった会社で働いた経験がなく、そういった会社で働く知人も少ないので、どうしても情報量は少なくなってしまうのが実際のところです。

 

 

 

 

要望すれば担当コンサルタントは変更できる!

相性や価値観の大切さは理解いただけたでしょうか。

 

極端な話をすると、親しい友人や知り合いでエージェント業をやっている人がいたら、その人に任せるのが最適です。過去の自分を知っている友人であれば、価値観を分かっていますし、親しくしている人であれば価値観は近いことが多いからです。

 

担当コンサルタントが合わないと感じた時は、要望を出せば変更可能です。
変更すると、以前の担当よりも敏腕コンサルタントがついてくれることもありますから、どうにもならない場合は遠慮せずに要望しましょう。

 

 

コンサルタントとの相性や価値観の相違で悩まない為に!

担当者との「相性」や「価値観」の相違で悩まないためにも、エージェントに申し込む段階で、「私は〇〇の業種(職種)を望んでおり、できればこういう人に担当して欲しいです!」と伝えることです。申し込みフォームに自由記入欄が設けられていることが多いので、そこに軽く記載しておくことで対応してくれることもあります。

 

また、明確に希望の業種(職種)が決まっているのであれば、特化型のエージェントを使うのも手です。例えば、IT系希望であれば、ITに強い「type転職エージェント」「マイナビエージェント×IT」など、専門性の強いエージェントを選ぶといったことです。業界(職種)経験者が担当に付くので情報量は豊富です。

 

 


関連ページ

転職エージェントは無料で利用できるのか?
転職エージェントを利用するにあたっての疑問、料金について詳しく解説しています。また、賢い使い方にも言及していますので、利用前の参考にしていただければと思います。
転職エージェントは応募(入社)を強要されることはないの?
応募(入社)を強要されるのではないか?エージェントを検討している人に最も多い不安がこれです。ここでは、その真実をお伝えすると共に、様々なパターンが表面化した際の対処法にも言及しています。
転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?
応募すると言っておきながら、実は応募していない。そして、後日適当な不採用理由を伝えられる。こんなことが実際に行われているのでしょうか?エージェントに疑心暗鬼になってしまうこの疑問を検証します。
転職エージェントの面談の服装は私服でOK?
転職エージェントの面談に関するよくある疑問、「面談時の服装」についてお答えしています。スーツで行くべき?私服でOK?そんな疑問を解決しましょう!
転職エージェントは相談だけで利用してもOKなの?
転職エージェントを相談だけ、可能性を探る為、プロの意見を聞く為だけに利用しても良いのか?転職を決めかねている状態で利用しても良いのか?こんなエージェントの利用についての疑問を解決します。
転職エージェントは掛け持ちすべきなの?
転職エージェントの掛け持ちに関する疑問。「掛け持ちしても良いの?」「掛け持ちすべきなの?」「利用者の平均は?」にお答えします。疑問を解決して掛け持ちの是非を判断しましょう。
転職エージェントは面談後にお礼は必要なの?
転職エージェントの面談後、転職先決定後のお礼の必要性に頭を悩ましている人もいるようですね。ここでは、この疑問を解決すると共に、エージェント側にとって本当のお礼とは何なのかを解説しています。
転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?
エージェントの利用を迷っている人に贈る内容です。転職エージェントは使うべきか否か?損得勘定からこの疑問を解決しています。また、使わなくても転職はできるのか?についても言及しています。
やりたい仕事が決まってなくても転職エージェントは利用できる?
やりたい仕事が決まっていない。転職したいけど、何が向いていて、何がしたいのか分からない・・・。そんな状態でもエージェントは利用できるのか?この疑問を解決すると共に、どんなエージェントを使うべきかまでお伝えしています。
転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?
放置されてる!?相手にされていない!?もしかして優先順位があって、自分は低いのでは?エージェントを利用してこんな疑念を持つ人もおられます。そんな疑念を解消するため、優先順位に関する真実をお伝えします。
転職エージェントの内定率は高い?それとも低い?
転職エージェントの内定率、利用するにあたって気になりますよね。ここでは、他の媒体と比較して高いのか、それとも低いのかを検証すると共に、内定率から考える活動の在り方までを解説しています。
転職エージェントの推薦状で選考が有利になるの?
エージェント各社の案内には「応募の際は企業に推薦状も送ります」という文言があります。求職者としては、「推薦状があると選考が有利になるのか?」が気になりますよね。ここでは、そんな推薦状の実態をお伝えしています。
何故、転職エージェントの口コミは悪いものが多いのか?
転職エージェントに経歴詐称はバレる?バレない?
エージェントの利用において、経歴詐称の是非に悩む人も多いようですね。ここでは、経歴詐称がバレる可能性、詐称のリスク、詐称しないことによるメリットに言及しています。
転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるって本当?
エージェントを使ったらブラックばかり紹介された・・・。この種の口コミを見ることもあるかと思います。実際にそう感じた人もいれば、利用を検討している人は気になる所ですよね。ここでは、エージェントとブラックの実態を詳しくお伝えしています。
転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?
エージェント経由の応募は、コストが発生するので自主応募に負ける!なんて言われますが、これは本当なんでしょうか?有利・不利はあるのでしょうか?この真偽を検証すると共に、選択の基準についても言及しています。
転職エージェントは「無職者」の就職にも使えるのか?
転職エージェントは無職者(フリーター、卒業後未就職の既卒)を支援してくれるのでしょうか?この疑問についての真実をお伝えすると共に、無職者が利用すべきエージェントについても言及しています。
転職するか決めていない状態でもエージェントは利用できる?
転職するかどうか決めかねている、迷っている、本当に良い会社から内定をえられた場合だけ・・・こんな状態でもエージェントは支援してくれるのか?この実態について詳しく解説しています。
転職エージェントは「高卒(最終学歴)」でも支援してくれるのか?
最終学歴が「高卒」でも、転職エージェントはしっかりと支援しくてれるのだろうか?こんな疑問を抱えて利用を迷っている人もいるようですね。この実態について詳しく調べてみました。