転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?

転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?

疑問応募

 

エージェントを利用していると、ふとこんな疑問が頭をよぎることがあります。

 

応募していないのに、落とされているのではないか?
応募手続きをしますと言って、実は応募されていないのではないか?
企業に書類を送付せずに落としているのではないか?

 

これは、書類選考の結果がいつもよりも遅い、不採用の理由が腑に落ちない、応募に対して積極的に取り合ってくれなかった。

 

こんな時に疑ってしまう人が多いようですね。

 

 

この件について、検証しみたいと思います。

 

 

エージェントの特性を考えると可能性はゼロではない!

転職エージェントは営利ビジネスであり、利益無くして成り立ちません。
また、転職希望者を支援して転職先を決定することだけでなく、企業の求めるスペックを満たした人物を探し、企業の採用を実現することも目的としています。

 

 

つまり、「転職希望者側にだけ立っているわけではない」ということです。

 

 

営利ビジネスですから、コンサルタントは売上を立てなくてはなりません。
だから、転職希望者には「内定を獲得できるであろう企業」のみを紹介することになります。
そして、コンサルタントは一人辺り何十人、何百人を担当しています。

 

これが転職エージェントであり、誰もが理解している部分かと思います。

 

 

このことから、以下3つのことが推測できます。

 

  1. 転職希望者の高望みに付き合っている余裕も暇もないということ
  2. 内定獲得が極めて難しい挑戦を支援している時間はないということ
  3. 企業が求めるスペックを有していない人物を推薦できないこと

 

これらを考慮して考えると、可能性は決してゼロではないと言えそうです。

 

 

例えば、あなたが公開求人の中から「この企業に応募したい!」などとなった場合です。
そこであなたが企業の求める条件を満たしていなければ、十分に起こり得ます。

 

転職エージェントの立場を考えると、「あなたでは絶対に無理です!」とは言えません。
そして、企業の求める条件を満たしていないので、企業にも推薦できません。

 

 

じゃ、そんな時はどうするか?

 

 

応募しておきます!と言って応募せず、適当な不採用理由を転職者に返すわけです。

 

私は内部の人間でないので真実は分かりません。
でも、普通に考えるとこういったことが行われていても不思議ではないです。

 

だから、応募すると言って、実は応募していない・・・。
この可能性は存分にある!と認識しておくのが正解ではないでしょうか。

 

 

これに腹を立てても仕方がない!

転職希望者からすると許せない部分かと思いますが、これは仕方がありません。

 

たって、仮にこの企業に応募しても不採用となるんですから!
不採用になるのが分かっているのに応募するって、ただの時間の無駄ですよね。

 

結果、誰も幸せになりません。

 

転職希望者 〜 不採用となるので時間の無駄。
エージェント 〜 不採用となるので売上が立たず、企業からも怒られる。
企業 〜 求める条件を満たしていない人物を紹介されるという無駄が発生する。

 

 

仮に、応募意思を伝えた求人が、充分に内定を獲得できる可能性があるとしたら!

 

転職エージェントは快く応募してくれますし、最大限の支援をしてくれるはずです。
なんたって、エージェントの最大の目的である「売上」に極めて近いわけですから!

 

 

これが転職エージェントです。
利用するのならば、この事実をしっかりと認識しておきましょう。

 

 

こんな無駄を防ぐ為の対策

公開求人など、紹介された求人以外の応募を考える時に使える方法です。
応募の意思を伝え、「反応が良くない」と感じた時にも使えます。

 

 

はっきりと可能性を聞く!
これが最も手っ取り早く確実です。

 

 

「この求人に応募したいのですが、可能性はありますか?」
「無駄な時間を消費したくないので、はっきりと言ってもらって結構です!」

 

 

それでもコンサルタントは「はい、絶対に無理です」とは言えません。
立場上言えないってのもありますし、応募すれば可能性が0%とは限らないからです。

 

でも、「そうですね、難しいかもしれません」程度なら言ってくれます。
これだけでも十分に判断できますよね。

 

 

転職エージェントはこんな風に割り切って使うのが賢い使い方です!

 


関連ページ

転職エージェントは無料で利用できるのか?
転職エージェントを利用するにあたっての疑問、料金について詳しく解説しています。また、賢い使い方にも言及していますので、利用前の参考にしていただければと思います。
転職エージェントは応募(入社)を強要されることはないの?
応募(入社)を強要されるのではないか?エージェントを検討している人に最も多い不安がこれです。ここでは、その真実をお伝えすると共に、様々なパターンが表面化した際の対処法にも言及しています。
転職エージェントの面談の服装は私服でOK?
転職エージェントの面談に関するよくある疑問、「面談時の服装」についてお答えしています。スーツで行くべき?私服でOK?そんな疑問を解決しましょう!
転職エージェントは相談だけで利用してもOKなの?
転職エージェントを相談だけ、可能性を探る為、プロの意見を聞く為だけに利用しても良いのか?転職を決めかねている状態で利用しても良いのか?こんなエージェントの利用についての疑問を解決します。
転職エージェントは掛け持ちすべきなの?
転職エージェントの掛け持ちに関する疑問。「掛け持ちしても良いの?」「掛け持ちすべきなの?」「利用者の平均は?」にお答えします。疑問を解決して掛け持ちの是非を判断しましょう。
転職エージェントは面談後にお礼は必要なの?
転職エージェントの面談後、転職先決定後のお礼の必要性に頭を悩ましている人もいるようですね。ここでは、この疑問を解決すると共に、エージェント側にとって本当のお礼とは何なのかを解説しています。
転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?
エージェントの利用を迷っている人に贈る内容です。転職エージェントは使うべきか否か?損得勘定からこの疑問を解決しています。また、使わなくても転職はできるのか?についても言及しています。
やりたい仕事が決まってなくても転職エージェントは利用できる?
やりたい仕事が決まっていない。転職したいけど、何が向いていて、何がしたいのか分からない・・・。そんな状態でもエージェントは利用できるのか?この疑問を解決すると共に、どんなエージェントを使うべきかまでお伝えしています。
転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?
放置されてる!?相手にされていない!?もしかして優先順位があって、自分は低いのでは?エージェントを利用してこんな疑念を持つ人もおられます。そんな疑念を解消するため、優先順位に関する真実をお伝えします。
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性や価値観の重要性、コンサルタントの価値観からくる傾向、合わない時の対処法をお伝えしています。エージェント利用にあたって重要なことですから、是非一読下さい。
転職エージェントの内定率は高い?それとも低い?
転職エージェントの内定率、利用するにあたって気になりますよね。ここでは、他の媒体と比較して高いのか、それとも低いのかを検証すると共に、内定率から考える活動の在り方までを解説しています。
転職エージェントの推薦状で選考が有利になるの?
エージェント各社の案内には「応募の際は企業に推薦状も送ります」という文言があります。求職者としては、「推薦状があると選考が有利になるのか?」が気になりますよね。ここでは、そんな推薦状の実態をお伝えしています。
何故、転職エージェントの口コミは悪いものが多いのか?
転職エージェントに経歴詐称はバレる?バレない?
エージェントの利用において、経歴詐称の是非に悩む人も多いようですね。ここでは、経歴詐称がバレる可能性、詐称のリスク、詐称しないことによるメリットに言及しています。
転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるって本当?
エージェントを使ったらブラックばかり紹介された・・・。この種の口コミを見ることもあるかと思います。実際にそう感じた人もいれば、利用を検討している人は気になる所ですよね。ここでは、エージェントとブラックの実態を詳しくお伝えしています。
転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?
エージェント経由の応募は、コストが発生するので自主応募に負ける!なんて言われますが、これは本当なんでしょうか?有利・不利はあるのでしょうか?この真偽を検証すると共に、選択の基準についても言及しています。
転職エージェントは「無職者」の就職にも使えるのか?
転職エージェントは無職者(フリーター、卒業後未就職の既卒)を支援してくれるのでしょうか?この疑問についての真実をお伝えすると共に、無職者が利用すべきエージェントについても言及しています。
転職するか決めていない状態でもエージェントは利用できる?
転職するかどうか決めかねている、迷っている、本当に良い会社から内定をえられた場合だけ・・・こんな状態でもエージェントは支援してくれるのか?この実態について詳しく解説しています。
転職エージェントは「高卒(最終学歴)」でも支援してくれるのか?
最終学歴が「高卒」でも、転職エージェントはしっかりと支援しくてれるのだろうか?こんな疑問を抱えて利用を迷っている人もいるようですね。この実態について詳しく調べてみました。