転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?

転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?

疑問不利

 

転職エージェントから紹介された求人が、転職サイトにも存在する・・・。

 

 

エージェント経由の応募は、大きなコストが発生するので自主応募に負ける!
転職サイトに同じ求人がある場合、サイト経由で応募した方が有利だ!

 

 

こんなニュアンスの口コミがネット上に散見しています。
要は、「エージェント経由の応募は不利である!」ということですね。

 

これは本当か?というのが気になるところですよね。
その真偽について考えてみましょう。

 

 

採用コストに見合う人物かどうか?は厳しい目で見られる!

企業がエージェント経由で人材を採用した場合、
コンサルフィ―(採用者の年収30%前後)を支払わなければなりません。

 

その為、コンサルフィ―を支払うに値する人物かどうか?は厳しい目で見られます。
決して小さい金額ではないので当たり前のことですね。

 

だったら、エージェント経由の応募の方が不利なんじゃ・・・。
こう考えるのが一般的なんですが、実はそうでもないんですね。

 

何故なら、これは「採用の本質」とかけ離れた議論だからです。

 

 

採用の本質を考えると、有利・不利はない!

人材を採用する企業側の視点に立って考えてみましょう。

 

仮に、以下のような3人の候補者がいたとしましょう。

A:「採用条件(経験・スキル)を満たし、高い利益を出して貢献してくれそうな人」
B:「採用条件(経験・スキル)は満たしているが、利益を出せるか微妙な人」
C:「採用条件(経験・スキル)を満たしておらず、社風にも合わなさそうな人」

 

この場合、企業は「A」を採用します。
考えるまでもなく、当たり前のことですよね。
何故、当たり前かというと、これが「採用の本質」だからです。

 

企業側は、「採用条件(経験・スキル)を満たした人」「より高い利益を出してくれる人」「自社の求める人物像(人間性)に近い人」を探しており、この条件を満たした候補者の中でNo.1を採用します。

 

つまり、採用コストの問題は、採用の本質からかけ離れているんですね。

 

気付き

 

企業からすると、エージェントを利用している時点で採用コストは覚悟しており、
一時の採用コストを気にして「優秀な人材(第一候補者)」を捨てるとはありません。

 

また、転職サイトに求人を掲載するにもコストが発生しているので、
サイト経由の応募者に対してだけ採用基準が低くなることもありません。

 

要は、何経由で応募しようと、あなたが「A」に該当する人物でない限り採用されることはなく、
候補者の中でNo.1(採用予定人数内の順位)でなければ採用されないということです。

 

エージェント経由で応募したことが原因で不採用となった・・・。
転職サイトから応募していれば内定が取れていた・・・。

 

あり得ません。

 

 

エージェントの特性を考えても、有利・不利は相殺される!

転職エージェントを利用するメリットの一つに、転職支援があります。

 

エージェント経由で応募することが決まれば、応募企業に応じた支援(書類添削・面接対策・情報提供)を受けることができます。

 

そう考えると、自主応募よりもプラスアルファーを持って採用過程に臨めるわけで、
厳しい目で見られる事実はあったとしても、有利・不利は相殺できるのではないでしょうか。

 

 

候補者が同レベルの場合、自主応募が優先される!?

仮に、候補者が同レベルで優劣が付けれない場合は自主応募が優先されるでしょう。

 

でも、採用を経験した私の感覚で言うと、「候補者に優劣が付けれない」なんてことはまずありません。つまり、同点、同レベルなんてのは基本的に存在しないんですね。

 

2人の候補者がいたとして、どっちでもいい・・・。

 

はっきり言って、これもあり得ません!

 

 

あなたの感性で選択すればOK!

転職エージェント経由で応募すべきか、転職サイトから自主応募すべきか?

 

迷った時はあなたの感性で選択して下さい!
どちらが有利なのか?なんてことは気にしないことです。

 

転職エージェントの各種支援や条件交渉、フォローに魅力を感じるのであれば、
エージェント経由で応募しましょう。

 

逆に、転職サイト経由で応募した方が有利だと感じるならば、
自主応募を選択すれば良いだけです。

 

正解・不正解はありません。

 

何経由で応募しようと、あなたが企業の求める人物ならば採用されます。
何経由で応募しようと、あなたが企業の求める人物でなければ落ちます。

 

自主応募を選択する場合は、エージェントに伝える必要はありません。
何故なら、「転職サイトを優先する人」と認識されると、優先順位を下げられ、今後の求人紹介(サービス)で不利益を被る可能性があるからです。


関連ページ

転職エージェントは無料で利用できるのか?
転職エージェントを利用するにあたっての疑問、料金について詳しく解説しています。また、賢い使い方にも言及していますので、利用前の参考にしていただければと思います。
転職エージェントは応募(入社)を強要されることはないの?
応募(入社)を強要されるのではないか?エージェントを検討している人に最も多い不安がこれです。ここでは、その真実をお伝えすると共に、様々なパターンが表面化した際の対処法にも言及しています。
転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?
応募すると言っておきながら、実は応募していない。そして、後日適当な不採用理由を伝えられる。こんなことが実際に行われているのでしょうか?エージェントに疑心暗鬼になってしまうこの疑問を検証します。
転職エージェントの面談の服装は私服でOK?
転職エージェントの面談に関するよくある疑問、「面談時の服装」についてお答えしています。スーツで行くべき?私服でOK?そんな疑問を解決しましょう!
転職エージェントは相談だけで利用してもOKなの?
転職エージェントを相談だけ、可能性を探る為、プロの意見を聞く為だけに利用しても良いのか?転職を決めかねている状態で利用しても良いのか?こんなエージェントの利用についての疑問を解決します。
転職エージェントは掛け持ちすべきなの?
転職エージェントの掛け持ちに関する疑問。「掛け持ちしても良いの?」「掛け持ちすべきなの?」「利用者の平均は?」にお答えします。疑問を解決して掛け持ちの是非を判断しましょう。
転職エージェントは面談後にお礼は必要なの?
転職エージェントの面談後、転職先決定後のお礼の必要性に頭を悩ましている人もいるようですね。ここでは、この疑問を解決すると共に、エージェント側にとって本当のお礼とは何なのかを解説しています。
転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?
エージェントの利用を迷っている人に贈る内容です。転職エージェントは使うべきか否か?損得勘定からこの疑問を解決しています。また、使わなくても転職はできるのか?についても言及しています。
やりたい仕事が決まってなくても転職エージェントは利用できる?
やりたい仕事が決まっていない。転職したいけど、何が向いていて、何がしたいのか分からない・・・。そんな状態でもエージェントは利用できるのか?この疑問を解決すると共に、どんなエージェントを使うべきかまでお伝えしています。
転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?
放置されてる!?相手にされていない!?もしかして優先順位があって、自分は低いのでは?エージェントを利用してこんな疑念を持つ人もおられます。そんな疑念を解消するため、優先順位に関する真実をお伝えします。
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性や価値観の重要性、コンサルタントの価値観からくる傾向、合わない時の対処法をお伝えしています。エージェント利用にあたって重要なことですから、是非一読下さい。
転職エージェントの内定率は高い?それとも低い?
転職エージェントの内定率、利用するにあたって気になりますよね。ここでは、他の媒体と比較して高いのか、それとも低いのかを検証すると共に、内定率から考える活動の在り方までを解説しています。
転職エージェントの推薦状で選考が有利になるの?
エージェント各社の案内には「応募の際は企業に推薦状も送ります」という文言があります。求職者としては、「推薦状があると選考が有利になるのか?」が気になりますよね。ここでは、そんな推薦状の実態をお伝えしています。
何故、転職エージェントの口コミは悪いものが多いのか?
転職エージェントに経歴詐称はバレる?バレない?
エージェントの利用において、経歴詐称の是非に悩む人も多いようですね。ここでは、経歴詐称がバレる可能性、詐称のリスク、詐称しないことによるメリットに言及しています。
転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるって本当?
エージェントを使ったらブラックばかり紹介された・・・。この種の口コミを見ることもあるかと思います。実際にそう感じた人もいれば、利用を検討している人は気になる所ですよね。ここでは、エージェントとブラックの実態を詳しくお伝えしています。
転職エージェントは「無職者」の就職にも使えるのか?
転職エージェントは無職者(フリーター、卒業後未就職の既卒)を支援してくれるのでしょうか?この疑問についての真実をお伝えすると共に、無職者が利用すべきエージェントについても言及しています。
転職するか決めていない状態でもエージェントは利用できる?
転職するかどうか決めかねている、迷っている、本当に良い会社から内定をえられた場合だけ・・・こんな状態でもエージェントは支援してくれるのか?この実態について詳しく解説しています。
転職エージェントは「高卒(最終学歴)」でも支援してくれるのか?
最終学歴が「高卒」でも、転職エージェントはしっかりと支援しくてれるのだろうか?こんな疑問を抱えて利用を迷っている人もいるようですね。この実態について詳しく調べてみました。