転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?

転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?

疑問損なのか

 

あなたは迷っているのではないでしょうか。

 

「転職エージェントを使うべきかどうか」を。

 

ここでは、そんな迷いを解決するために以下の疑問について考えていきたいと思います。

 

 

転職エージェントは使わないと損なのか?
転職エージェントを使わなくても転職できるのか?

 

 

転職エージェントの利用判断の参考にご覧下さい。

 

 

転職エージェントは使わないと損なの?

この疑問に関しては先に結論をお伝えします。

 

転職エージェントは使わないと「損」です!

 

何故なら、プラスにこそなれど、マイナスにはならないからです。
つまり、損得勘定で考えると使うべきなんですね。

 

あなたの転職にプラスになる!と言えるのは以下の要素があるからです。

 

  1. 非公開求人を含めて大量の求人を保有している
  2. 今の自分の市場価値を知ることができる
  3. 応募書類の添削と面接対策でレベルアップが実現できる

 

 

1.非公開求人を含めて大量の求人を保有している

転職エージェントが他の媒体とは異なる特別なものとは言っても、
転職サイト・求人誌・ハローワークと同じ「求人媒体」に過ぎません。

 

転職エージェントは非公開も含めて大量の求人を保有しています!

 

この大量の求人にも可能性を見出すべきだと思いませんか?
一つの求人媒体として捉え、企業との出会いを増やすべきではないですか?

 

 

最適な企業に転職するには、可能な限り多くの求人を閲覧する!
これ、転職の成功に必要不可欠な要素です。

 

だから、大量の求人を持つエージェントは使うべきなんですね。
単純な理由ですが、使わないと損だと言える最大の理由となります。

 

 

「良い求人が紹介されなかった!」
「求人が少しだけしか紹介されなかった!」
「紹介された求人にまともなものが無かった!」

 

 

こんな他人の口コミは無視して下さい!
あなたにとってもそうだとは限りません。

 

あなたにどんな求人が紹介されるのか?
これは使ってみて初めて分かることです。

 

もしかしたら、あなたにとって最適な企業との出会いが待っているかもしれません。

 

 

2.今の自分の市場価値を知ることができる

エージェントには結構シビアな面があります。

 

それは「内定を取れるだろう企業しか紹介されない」ということです。
転職者の入社が決まって料金が支払われるビジネスモデルだからです。

 

 

つまり、紹介される求人に今のあなたの実力(市場価値)がもろに反映されるということ。

 

 

この特性から、自分の市場価値を客観的に知ることができるんですね。

 

「今の自分は、どれくらいの数の企業から求められているのか?」
「今の自分は、どんな企業(業界)から求められているのか?」
「今の自分は、どんな企業(業界)なら通用するのか?」

 

市場価値を知れば、これらの疑問を解決できます。

 

気付き

 

転職活動で採用過程を勝ち抜いて内定を獲得するには、
「自分の実力を知り、勝てるところで勝負する」というのが鉄則です。
自分の実力以上の高望みを繰り返しても内定は獲得できません。

 

つまり、自分の市場価値をしっかりと把握しておかなければならないということ。
いい意味でも、悪い意味でもこれは必要なことです。

 

だから、市場価値を客観的に把握できるエージェントには使う価値があるんです。
更に、市場価値の把握は、転職エージェント以外の媒体でも活かすことができます。

 

つまり、あなたの転職にとってプラスとなる!というわけです。

 

 

3.応募書類の添削と面接対策でレベルアップが実現できる

転職エージェントはサポートの一環として「応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削」と「面接対策」を実施してくれるのが一般的です。

 

つまり、あなたの応募書類と面接がレベルアップするということを意味します。

 

応募書類がレベルアップすればどうなりますか?
書類選考の通過確率が高まりますよね。
書類不備によるもったいない不採用を防ぐことにも繋がります。

 

面接のレベルがアップすればどうなりますか?
面接の通過確率が上がりますよね。
つまり、内定獲得の可能性が高まることを意味します。

 

これが実現できれば転職において100%プラスですよね。
だから、エージェントでの転職先決定云々を抜きにしても使うべきなんです。

 

 

以上の3点が転職エージェントを使わないと「損」だとする理由です。
これらを踏まえた上で利用可否を判断しましょう。

 

 

転職エージェントを使わなくても転職できるの?

この疑問についても解決しておきましょう。

 

転職エージェントを使わなくても転職できます!

 

前述しましたが、転職エージェントも一つの求人媒体に過ぎません。
絶対に使うべきものでもないですし、使ったからといって必ず転職先を決定できるものでもありません。転職エージェントを使わずとも、他の媒体だけでも十分に転職は可能です。

 

 

だから、転職サイト、求人誌、ハローワークなどと共に「転職を実現する為の一つの媒体」として捉えてもらえればOKです。

 

 

転職エージェントを使うか、使わないか。
これは、あなたの状況に応じて決めていただければと思います。

 

ただ、前述した通り「使うことにマイナスはないものだ」ということを念頭にということです。

 


関連ページ

転職エージェントは無料で利用できるのか?
転職エージェントを利用するにあたっての疑問、料金について詳しく解説しています。また、賢い使い方にも言及していますので、利用前の参考にしていただければと思います。
転職エージェントは応募(入社)を強要されることはないの?
応募(入社)を強要されるのではないか?エージェントを検討している人に最も多い不安がこれです。ここでは、その真実をお伝えすると共に、様々なパターンが表面化した際の対処法にも言及しています。
転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?
応募すると言っておきながら、実は応募していない。そして、後日適当な不採用理由を伝えられる。こんなことが実際に行われているのでしょうか?エージェントに疑心暗鬼になってしまうこの疑問を検証します。
転職エージェントの面談の服装は私服でOK?
転職エージェントの面談に関するよくある疑問、「面談時の服装」についてお答えしています。スーツで行くべき?私服でOK?そんな疑問を解決しましょう!
転職エージェントは相談だけで利用してもOKなの?
転職エージェントを相談だけ、可能性を探る為、プロの意見を聞く為だけに利用しても良いのか?転職を決めかねている状態で利用しても良いのか?こんなエージェントの利用についての疑問を解決します。
転職エージェントは掛け持ちすべきなの?
転職エージェントの掛け持ちに関する疑問。「掛け持ちしても良いの?」「掛け持ちすべきなの?」「利用者の平均は?」にお答えします。疑問を解決して掛け持ちの是非を判断しましょう。
転職エージェントは面談後にお礼は必要なの?
転職エージェントの面談後、転職先決定後のお礼の必要性に頭を悩ましている人もいるようですね。ここでは、この疑問を解決すると共に、エージェント側にとって本当のお礼とは何なのかを解説しています。
やりたい仕事が決まってなくても転職エージェントは利用できる?
やりたい仕事が決まっていない。転職したいけど、何が向いていて、何がしたいのか分からない・・・。そんな状態でもエージェントは利用できるのか?この疑問を解決すると共に、どんなエージェントを使うべきかまでお伝えしています。
転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?
放置されてる!?相手にされていない!?もしかして優先順位があって、自分は低いのでは?エージェントを利用してこんな疑念を持つ人もおられます。そんな疑念を解消するため、優先順位に関する真実をお伝えします。
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性や価値観の重要性、コンサルタントの価値観からくる傾向、合わない時の対処法をお伝えしています。エージェント利用にあたって重要なことですから、是非一読下さい。
転職エージェントの内定率は高い?それとも低い?
転職エージェントの内定率、利用するにあたって気になりますよね。ここでは、他の媒体と比較して高いのか、それとも低いのかを検証すると共に、内定率から考える活動の在り方までを解説しています。
転職エージェントの推薦状で選考が有利になるの?
エージェント各社の案内には「応募の際は企業に推薦状も送ります」という文言があります。求職者としては、「推薦状があると選考が有利になるのか?」が気になりますよね。ここでは、そんな推薦状の実態をお伝えしています。
何故、転職エージェントの口コミは悪いものが多いのか?
転職エージェントに経歴詐称はバレる?バレない?
エージェントの利用において、経歴詐称の是非に悩む人も多いようですね。ここでは、経歴詐称がバレる可能性、詐称のリスク、詐称しないことによるメリットに言及しています。
転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるって本当?
エージェントを使ったらブラックばかり紹介された・・・。この種の口コミを見ることもあるかと思います。実際にそう感じた人もいれば、利用を検討している人は気になる所ですよね。ここでは、エージェントとブラックの実態を詳しくお伝えしています。
転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?
エージェント経由の応募は、コストが発生するので自主応募に負ける!なんて言われますが、これは本当なんでしょうか?有利・不利はあるのでしょうか?この真偽を検証すると共に、選択の基準についても言及しています。
転職エージェントは「無職者」の就職にも使えるのか?
転職エージェントは無職者(フリーター、卒業後未就職の既卒)を支援してくれるのでしょうか?この疑問についての真実をお伝えすると共に、無職者が利用すべきエージェントについても言及しています。
転職するか決めていない状態でもエージェントは利用できる?
転職するかどうか決めかねている、迷っている、本当に良い会社から内定をえられた場合だけ・・・こんな状態でもエージェントは支援してくれるのか?この実態について詳しく解説しています。
転職エージェントは「高卒(最終学歴)」でも支援してくれるのか?
最終学歴が「高卒」でも、転職エージェントはしっかりと支援しくてれるのだろうか?こんな疑問を抱えて利用を迷っている人もいるようですね。この実態について詳しく調べてみました。