リクルートエージェントの「強み」には大きな価値がある!?

リクルートエージェントの「強み」には大きな価値がある!?

リクルートエージェント

 

 

業界最高峰の求人数とNo.1の実績が生み出す付加価値サービスが充実!

 

 

リクルートエージェントを一言で表現したものがこれです。
実は、これこそが他のエージェントに勝る「強み」となる部分なんですね。

 

  • 業界最高峰の求人数
  • No.1の実績が生み出す付加価値サービス

 

「リクルートエージェントとはどんなエージェントなのか?」

 

この疑問を解決するため、独自の「強み」について見ていきましょう!

 

 

業界最高峰の求人数が転職希望者にもたらす価値

リクルートエージェントは業界最高峰の求人(約17万件)を扱っています。

 

<2017年5月時点の求人件数>
リクルートエージェント求人数

 

エージェントを選ぶにあたり、求人数は非常に重要な要素になります。
何故なら、求人数が多いと以下の公式成立に近づくからです。

 

 

業界最高峰の求人数を持っている = 紹介される求人数が多い
紹介される求人数が多い = 最適な企業と出会える可能性が高い

 

 

あなたは転職の実現を目指して活動している状態だと思いますが、
実現にあたって「自分に合った最適な会社に入社したい!」と考えているはずです。
よりベターを突き詰め、ベストを目指していくということですね。

 

その為には何が必要か!?
やっぱり、より多くの求人を検討する以外に方法はありません。
そこで重要になってくるのが「求人数」なんですね。

 

「せっかくエージェントを利用したのに、極限られた求人しか紹介されなかった・・・」

 

これではベターを追求していくのに限界があります。
強いては、最適な企業と出会う確率も低くなります。

 

気付き

 

ここに「A」と「B」2つのエージェントが存在したとしましょう。

 

A「50件の中から企業を選ぶことができる」
B「10件の中から企業を選ばなければならない」

 

あなたはどちらのエージェントを求めていますか?
どちらが最適な企業と出会える可能性が高いですか?

 

深く考えるまでもありませんよね。
求人数の優位性とは単純にこういうことです。
でも、この単純な要素は求職者にとって重要ですよね。

 

リクルートエージェントは「A」を実現できる可能性を秘めています。
何故なら、業界最高峰の求人数を持っているから!

 

これが当エージェントの「強み」であり「価値」なんです。

 

 

No.1の実績が生み出す付加価値サービス

リクルートエージェントは数多くの企業と取引を行い、業界の雄としてNo.1の転職決定実績を誇ります。その長年にわたって蓄積されてきた「転職支援ノウハウ」や「成功事例」をもとに転職希望者のサポートを行っています。

 

 

そんなNo.1エージェントだからこそ提供できるサービスがあるんですね。

 

  1. AGENT Report(エージェントレポート)
  2. 面接力向上セミナー
  3. 経験(実績)豊富なアドバイザーによる支援

 

 

AGENT Report(エージェントレポート)

AGENT Report(エージェントレポート)とは、リクルートエージェントが独自に収集・分析した生の企業情報であり、転職サイトや企業HPでは決して得られない有益な情報です。

 

エージェントレポート

 

  • エージェントから見たポイント
  • 仕事のやりがい・働く環境(休暇の実態など)
  • 選考ポイント
  • 面接について

 

これらの情報があればどうでしょう?

 

応募を検討している企業が「自分に合っている会社なのか?」を確認できますよね。
また、内定獲得に向けて選考も有利に進められそうです。

 

欲しくないですか、この情報!?
リクルートエージェントの利用者だけが得られる情報です。

 

 

面接力向上セミナー

転職には「採否の9割は面接で決まる!」という格言があり、
面接は内定獲得において極めて重要なプロセスとなります。

 

重要なんですが・・・苦手意識を持っている人が非常に多く、
そもそも「転職の面接が何たるか」を理解していない人も多くいらっしゃいます。

 

だから、いつまで経っても内定を獲得できない・・・。

 

こんな状況を解決してくれるのが「面接力向上セミナー」なんです。

 

<面接力向上セミナーとは?>

 

「転職における面接とは」という初歩的なことから、具体的な回答方法(自己紹介・転職理由・志望動機など)までが学べ、「参加者の99%が満足し、面接通過率が35%アップする」と言われているセミナーです。

 

リクルートエージェントセミナー

 

セミナー参加者の99%が満足している!
この事実は「何か得るものがあった」とほぼ全ての人が感じている証拠でもあります。

 

 

実は・・・面接力向上セミナーだけでも大きな利用価値があります。

 

 

何故なら、セミナーで得た面接の極意は、転職サイト、求人誌、ハロワークなど、どんな媒体経由の応募にも応用できるからです。つまり、リクルートエージェント経由で転職が決まらなかったとしても、あなたの転職活動には100%プラスに作用するということ。

 

あなたもこんな素敵なセミナーを受けてみたいと思いませんか?
これも、リクルートエージェントの利用者だけに提供されるサービスです。

 

 

経験(実績)豊富なアドバイザーによる支援

リクルートエージェントのアドバイザーは、多くの転職を実現してきたことから得た「豊富な経験」と「転職ノウハウ」を持っています。(もちろん、全てのアドバイザーが該当するとは言えませんが、優秀な人が多いのは間違いありません。)

 

  • 登録者の強み・弱みを見抜く能力に優れている
  • 客観的で的確なアドバイスを受けることができる

 

こんな評判が立っていることからも事実であることが頷けます。

 

経験豊富なアドバイザーの支援を受けることができる!
これもリクルートエージェントの強みであり、利用者のみが享受できるサービスです。

 

 

リクルートエージェントの利用を検討しているあなたへ

リクルートエージェントはどんなエージェントなのか?
ぼんやりとでもこの疑問を解決できたでしょうか。

 

もし、あなたがいずれかの「強み」に魅力を感じる事ができたなら、
リクルートエージェントの利用をオススメできます。

 

何故なら、あなたが転職エージェントに期待していることを叶えてくれる可能性が高いから!

 

是非、転職実績No.1の転職支援サービスを享受してみて下さい。
あなたの転職に必ずプラスの影響を与えてくれるはずです!

 

 

 


関連ページ

リクルートエージェントの登録方法を画像付きで解説!
リクルートエージェントの転職支援を受ける為の初期登録方法を画像付きで分かり易く解説しています。注意事項やよくある疑問についても言及していますので、参照しながら登録を完了させて下さい。
リクルートエージェントの流れを把握してから利用しよう!
リクルートエージェントのサービスの流れ(登録〜転職先決定)を詳しく解説しています。また、利用するにあたっての心構えや注意事項についても記載しています。流れを把握してから利用することで失敗を防ぐことができます。
リクルートエージェントの面談場所を全網羅!
エージェントを利用するにあたって「直接会って面談する」ということはサービスを最大限享受する意味でも重要です。私は面談可能なのだろうか?リクルートエージェントの利用を検討しているあなたの疑問にお答えします。
リクルートエージェントは再登録可能?この疑問の答えと注意点!
以前、リクルートエージェントに登録していたことがあるが、再度登録してもサービスを受けることができるのか?この疑問にお答えすると共に、再登録する際の注意点についても言及しています。
リクルートエージェントに年齢制限は存在するのか?
リクルートエージェントを利用するにあたり、「年齢制限があるのか?」は気になるところですよね。ここでは、そんな疑問を解決するため、登録している年齢層や当エージェントのターゲットについて調査しました。
リクルートエージェントの求人はどんな業界・職種を扱っているの?
リクルートエージェントを利用するにあたり、どんな業界・職種の求人を扱っているのか?どんな業界・職種の紹介があるのか?は気になりますよね。そこで、取扱い求人の業界・職種・企業規模を調べてみました。
リクルートエージェントの登録者数はどれくらい?
リクルートエージェントの登録者数(年間・月間)を調査すると共に、転職が決定した人の割合(転職決定率)も算出してみました。利用する前に実績を把握しておきましょう。
リクルートエージェントとリクナビネクストの3つ違い!
転職を実現するという目的は同じでも、リクルートエージェントとリクナビネクストはサービス内容に大きな違いがあります。ここでは、その違いを詳しく解説しています。どちらを使えば良いのか?この疑問を解決して下さい。
リクルートキャリアとリクルートエージェントの違いを知ろう!
リクルートキャリア、エージェント、似たような名称が混乱を招きます。ここでは、その明確な違いをお伝えすると共に、「転職を考えるあなたが利用すべきなのは?」の疑問解決までを行います。
リクルートエージェントは第二新卒でも使えるの?
社会人経験やスキルが乏しい第二新卒でも、リクルートエージェントは支援してくれるのだろうか?求人を紹介してくれるのだろうか?これらの疑問を解決するため、第二新卒者の利用について調査してみました。
リクルートエージェントはライバル(登録者数)が多いのか?
知名度の高いリクルートエージェントは「登録者数が多い = ライバルが多い」と考えられがちですが、本当の所はどうなんでしょうか。その実態を詳しく解説しています。ライバルの多さで利用を躊躇っている人に見て頂きたい内容です。
リクルートエージェントはフリーターでも利用可能なの?
リクルートエージェントにおけるフリーター利用の実態について解説しています。また、「利用できるのか?」「フリーター利用が適切なエージェントなのか?」「不利な点はないのか?」などの疑問にも言及しています。
リクルートエージェントの「2ch」の評価に意味はなし!
リクルートエージェントの利用を検討するにあたり、2chの評価を閲覧することもあるかと思いますが、実はあまり意味がありません。この理由を詳しく解説すると共に、正しい行動指針をお伝えしています。
リクルートエージェントは既卒の就職支援もしてくれるのか?
既卒からの脱却(正規社員として就職)の為、リクルートエージェントを検討している人もいるかと思います。でも、既卒の就職も支援対象なのかは気になりますよね。この疑問を解決する為に実態を調査してみました。
リクルートエージェントの「高卒」支援の実態に迫る!
最終学歴が高卒でも、リクルートエージェントはしっかりと支援してくれるのか?この疑問を解決するため、高卒支援の実態、適正度、求人傾向を調査してみました。