リクルートエージェントはライバル(登録者数)が多いのか?

リクルートエージェントはライバル(登録者数)が多いのか?

リクルートエージェント

 

転職の実現(内定獲得)においてライバルの数は気になるところですよね。

 

競争相手は少ないに越したことはありませんせんし、
採用人数が少ない中途採用においては重要な要素でもあります。

 

リクルートエージェントのライバルに関して考察してみましょう。

 

 

登録者数からライバルの多さを考える!

業界最大手で知名度の高いリクルートエージェントは登録者数が多いです。

 

リクルートエージェント登録者数

 

最新の実績で見ると、年間で約41万人(約3.4万人/月)の規模を誇ります。
数あるエージェントの中で最も多いという認識で間違いないでしょう。

 

なんだ、やっぱりライバルが多いのか・・・。

 

こんな風に捉えてしまうかもしれませんが、実はそうではないんですね。

 

  • 全国規模で求人を扱っている
  • 業界最大の求人数(約17万件)を抱えている

 

リクルートエージェントは全国に16の拠点を持ち、全国規模で求人を扱っているため、
主要都市だけでなく地方都市で転職を考えている人も多く登録しています。
だから、登録者数が多いのは当たり前で、ライバルも日本全国に散らばっています。

 

また、業界最大の求人数(約17万件)を抱えているので、
求人総数から見ると登録者数が各段に多いわけでもありません。

 

つまり、「登録者数が多い = ライバルが多い」は成り立たないんですね。

 

 

転職エージェントはライバルの多さは意識する必要はない!?

転職エージェントは他の媒体とは少し異なる性質を持っているので、
ライバル(登録者数)はあまり気にする必要はありません。

 

例えば、転職サイトの場合は、全ての登録者が同じ求人を見ています。
だから、「登録者数が多い = ライバルが多い」は間違いではありません。
大手転職サイトの人気企業には何百という応募が集まるのはこの為です。

 

一方、転職エージェントは個々の市場価値で紹介される求人が変化します。
つまり、全ての登録者が同じ求人を見ているわけではないんですね。
もちろん、ライバルがいることもありますが、転職サイトほどではありません。

 

エージェントは企業の代わりに転職希望者を選定する役割も担っているので、
大量の人を一企業に送り込むことはできません。

 

だから、ライバルの存在よりも、如何に適切なアピールができるかどうか、
これが内定獲得において重要になります。

 

 

気付き

 

 

兎にも角にも、リクルートエージェントが特別にライバルが多いわけではありません。

 

「知名度の高いリクルートエージェントはライバルが多そうだ・・・。」
「ライバルが多いから利用しても内定を取れないだろう・・・。」

 

こんな気持ちで利用を躊躇っている方も心配無用です!
ライバル(登録者数)のことは気にせずに利用するのが正しい選択です!

 

 


関連ページ

リクルートエージェントの登録方法を画像付きで解説!
リクルートエージェントの転職支援を受ける為の初期登録方法を画像付きで分かり易く解説しています。注意事項やよくある疑問についても言及していますので、参照しながら登録を完了させて下さい。
リクルートエージェントの流れを把握してから利用しよう!
リクルートエージェントのサービスの流れ(登録〜転職先決定)を詳しく解説しています。また、利用するにあたっての心構えや注意事項についても記載しています。流れを把握してから利用することで失敗を防ぐことができます。
リクルートエージェントの面談場所を全網羅!
エージェントを利用するにあたって「直接会って面談する」ということはサービスを最大限享受する意味でも重要です。私は面談可能なのだろうか?リクルートエージェントの利用を検討しているあなたの疑問にお答えします。
リクルートエージェントは再登録可能?この疑問の答えと注意点!
以前、リクルートエージェントに登録していたことがあるが、再度登録してもサービスを受けることができるのか?この疑問にお答えすると共に、再登録する際の注意点についても言及しています。
リクルートエージェントに年齢制限は存在するのか?
リクルートエージェントを利用するにあたり、「年齢制限があるのか?」は気になるところですよね。ここでは、そんな疑問を解決するため、登録している年齢層や当エージェントのターゲットについて調査しました。
リクルートエージェントの求人はどんな業界・職種を扱っているの?
リクルートエージェントを利用するにあたり、どんな業界・職種の求人を扱っているのか?どんな業界・職種の紹介があるのか?は気になりますよね。そこで、取扱い求人の業界・職種・企業規模を調べてみました。
リクルートエージェントの登録者数はどれくらい?
リクルートエージェントの登録者数(年間・月間)を調査すると共に、転職が決定した人の割合(転職決定率)も算出してみました。利用する前に実績を把握しておきましょう。
リクルートエージェントとリクナビネクストの3つ違い!
転職を実現するという目的は同じでも、リクルートエージェントとリクナビネクストはサービス内容に大きな違いがあります。ここでは、その違いを詳しく解説しています。どちらを使えば良いのか?この疑問を解決して下さい。
リクルートキャリアとリクルートエージェントの違いを知ろう!
リクルートキャリア、エージェント、似たような名称が混乱を招きます。ここでは、その明確な違いをお伝えすると共に、「転職を考えるあなたが利用すべきなのは?」の疑問解決までを行います。
リクルートエージェントの「強み」には大きな価値がある!?
リクルートエージェントが持つ独自の「強み」を知ることで、「どんなエージェントなのか?」という疑問を解決できます。もし、あなたがこの「強み」に共感できるならば、当エージェントを利用する価値があると言えます!
リクルートエージェントは第二新卒でも使えるの?
社会人経験やスキルが乏しい第二新卒でも、リクルートエージェントは支援してくれるのだろうか?求人を紹介してくれるのだろうか?これらの疑問を解決するため、第二新卒者の利用について調査してみました。
リクルートエージェントはフリーターでも利用可能なの?
リクルートエージェントにおけるフリーター利用の実態について解説しています。また、「利用できるのか?」「フリーター利用が適切なエージェントなのか?」「不利な点はないのか?」などの疑問にも言及しています。
リクルートエージェントの「2ch」の評価に意味はなし!
リクルートエージェントの利用を検討するにあたり、2chの評価を閲覧することもあるかと思いますが、実はあまり意味がありません。この理由を詳しく解説すると共に、正しい行動指針をお伝えしています。
リクルートエージェントは既卒の就職支援もしてくれるのか?
既卒からの脱却(正規社員として就職)の為、リクルートエージェントを検討している人もいるかと思います。でも、既卒の就職も支援対象なのかは気になりますよね。この疑問を解決する為に実態を調査してみました。
リクルートエージェントの「高卒」支援の実態に迫る!
最終学歴が高卒でも、リクルートエージェントはしっかりと支援してくれるのか?この疑問を解決するため、高卒支援の実態、適正度、求人傾向を調査してみました。