転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?

転職エージェントは優先順位をつけて対応しているって本当?

優先順位

 

「転職エージェントは登録者に優先順位をつけて対応している!?」

 

 

転職エージェントを利用して満足感を得る人がいる一方で、
放置感が強い、相手にされていない気がするなど、負の感情を抱く人もいます。

 

優先順位を付けられいるのでは?
自分は優先順位が低いのでは?

 

こんな風に考えてしまいますよね。
実際のところはどうなのか?という観点でお話ししていきます。

 

 

登録者の優先順位付けに関する真実

ここは先に結論をお伝えします。

 

転職エージェントは登録者に優先順位をつけて対応しています!

 

これがこの疑問に対する真実です。

 

 

転職は人生に大きな影響を与えるイベントであり、
転職を決意した人はそれこそ必死になって転職活動に臨んでいます。

 

そんな人たちを相手にするのが転職エージェントの支援サービスですから、
登録者を区別するというのは本当はよくないことです。

 

でも、優先順位を付けざるを得ないというのがホントのところなんですね。

 

そこには2つの事情が存在するからです。

 

  1. キャリアコンサルタントは多大な業務量を抱えている
  2. 転職支援サービスは営利ビジネスである

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

キャリアコンサルタントは多大な業務量を抱えている

事実、キャリアコンサルタントはとてつもない業務量を抱えています。

 

  • 新規登録者との面談
  • 登録者情報のシステム入力
  • 担当している転職希望者との連絡・進捗確認・結果通知
  • 企業との調整
  • 応募書類の添削、面接対策
  • etc・・・

 

 

パッと思いつくだけでもこれだけの業務を抱えています。
そして、キャリアコンサルタント1人で、何十人、何百人の転職希望者を抱えているわけです。

 

だから、全ての登録者に最高の転職サポートを行うのは物理的に不可能であり、優先順位を付けざるを得ないというのが本音なんですね。

 

ここに一つの理由があります。

 

 

転職支援サービスは営利ビジネスである

転職支援サービスは営利ビジネスであり、ボランティアではありません。

 

エージェント各社も利益なくして成り立たない営利企業であり、
利益を追求するにあたって優先順位を付けることは当たり前のことなんです。

 

 

分かり易い例で考えてみましょう。

 

こんな状況を想像してみて下さい!

 

あなたはある販売店で働いています。
当然、販売員として売上ノルマを背負わされています。

 

そんな状況で、3人のお客様がやってきました。

 

 

Aさん「お金を5万円持っており、購買意欲も高い」
Bさん「お金を1万円持っており、購買意欲はそこそこ」
Cさん「お金を持っておらず、今回は下見のつもり」

 

 

全員を公平に接客する時間はありません。
そんな時、あなたなら誰を優先的に接客しますか?

 

当然、Aさんではないかと思います。

 

何故、Aさんなんでしょうか?
それは、「最大の売上を得られる可能性が高いから」ではないでしょうか。

 

Aさんがダメなら、次は当然Bさんですよね。
BさんはCさんよりも売上に繋がる可能性が高いからです。

 

余裕があればCさんも接客するはずです。
Cさんは将来的にお客様になってくれるかもしれないからです。

 

 

実は、転職エージェントもこれと全く同じなんですね。

 

会社を存続させるために利益を追求しなければならない。
会社の一社員であるコンサルタントは当然数字を求められている。

 

だから、優先順位を付けて最大の売上獲得を目指す!

 

 

これも優先順位を付ける理由の一つです。

 

 

転職者が行うべきことは優先順位を高める行動をすること

優先順位は付けられており、それは仕方のないことでもある!
これは理解いただけたかと思います。

 

だったら、エージェントを利用するにおいてやるべきことは一つしかありません。

 

自分の優先順位を高める行動をする!

 

<販売店の例をエージェントに当てはめると!>

 

「お金 = 市場価値(経験・スキル)」
「購買意欲 = 転職意思の高低」

 

つまり、転職エージェントにとって「市場価値が高い人」「転職意思の高い人」は上客で、
「売上に繋がる可能性が高い人」と見なすので優先順位を高く設定します。

 

見えてきましたよね。

 

市場価値を高く見せる!
転職意思の高さを示す!

 

見せかけでもいいんです。
優先順位を高めるために行動しましょう。

 

具体的な内容については以下のページで詳しく解説しています。

 

⇒「転職エージェントにやる気になってもらい優先対応を勝ち取る方法!

 

誰にでもできる方法や心得をお伝えしています。
少しでも優先順位を高める為に一読いただければ幸いです。


関連ページ

転職エージェントは無料で利用できるのか?
転職エージェントを利用するにあたっての疑問、料金について詳しく解説しています。また、賢い使い方にも言及していますので、利用前の参考にしていただければと思います。
転職エージェントは応募(入社)を強要されることはないの?
応募(入社)を強要されるのではないか?エージェントを検討している人に最も多い不安がこれです。ここでは、その真実をお伝えすると共に、様々なパターンが表面化した際の対処法にも言及しています。
転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?
応募すると言っておきながら、実は応募していない。そして、後日適当な不採用理由を伝えられる。こんなことが実際に行われているのでしょうか?エージェントに疑心暗鬼になってしまうこの疑問を検証します。
転職エージェントの面談の服装は私服でOK?
転職エージェントの面談に関するよくある疑問、「面談時の服装」についてお答えしています。スーツで行くべき?私服でOK?そんな疑問を解決しましょう!
転職エージェントは相談だけで利用してもOKなの?
転職エージェントを相談だけ、可能性を探る為、プロの意見を聞く為だけに利用しても良いのか?転職を決めかねている状態で利用しても良いのか?こんなエージェントの利用についての疑問を解決します。
転職エージェントは掛け持ちすべきなの?
転職エージェントの掛け持ちに関する疑問。「掛け持ちしても良いの?」「掛け持ちすべきなの?」「利用者の平均は?」にお答えします。疑問を解決して掛け持ちの是非を判断しましょう。
転職エージェントは面談後にお礼は必要なの?
転職エージェントの面談後、転職先決定後のお礼の必要性に頭を悩ましている人もいるようですね。ここでは、この疑問を解決すると共に、エージェント側にとって本当のお礼とは何なのかを解説しています。
転職エージェントは使わないと損?使わなくても転職できる?
エージェントの利用を迷っている人に贈る内容です。転職エージェントは使うべきか否か?損得勘定からこの疑問を解決しています。また、使わなくても転職はできるのか?についても言及しています。
やりたい仕事が決まってなくても転職エージェントは利用できる?
やりたい仕事が決まっていない。転職したいけど、何が向いていて、何がしたいのか分からない・・・。そんな状態でもエージェントは利用できるのか?この疑問を解決すると共に、どんなエージェントを使うべきかまでお伝えしています。
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性は重要なのか?
転職エージェント(担当コンサルタント)との相性や価値観の重要性、コンサルタントの価値観からくる傾向、合わない時の対処法をお伝えしています。エージェント利用にあたって重要なことですから、是非一読下さい。
転職エージェントの内定率は高い?それとも低い?
転職エージェントの内定率、利用するにあたって気になりますよね。ここでは、他の媒体と比較して高いのか、それとも低いのかを検証すると共に、内定率から考える活動の在り方までを解説しています。
転職エージェントの推薦状で選考が有利になるの?
エージェント各社の案内には「応募の際は企業に推薦状も送ります」という文言があります。求職者としては、「推薦状があると選考が有利になるのか?」が気になりますよね。ここでは、そんな推薦状の実態をお伝えしています。
何故、転職エージェントの口コミは悪いものが多いのか?
転職エージェントに経歴詐称はバレる?バレない?
エージェントの利用において、経歴詐称の是非に悩む人も多いようですね。ここでは、経歴詐称がバレる可能性、詐称のリスク、詐称しないことによるメリットに言及しています。
転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるって本当?
エージェントを使ったらブラックばかり紹介された・・・。この種の口コミを見ることもあるかと思います。実際にそう感じた人もいれば、利用を検討している人は気になる所ですよね。ここでは、エージェントとブラックの実態を詳しくお伝えしています。
転職エージェントと同じ求人が転職サイトに・・・不利なのはどっち?
エージェント経由の応募は、コストが発生するので自主応募に負ける!なんて言われますが、これは本当なんでしょうか?有利・不利はあるのでしょうか?この真偽を検証すると共に、選択の基準についても言及しています。
転職エージェントは「無職者」の就職にも使えるのか?
転職エージェントは無職者(フリーター、卒業後未就職の既卒)を支援してくれるのでしょうか?この疑問についての真実をお伝えすると共に、無職者が利用すべきエージェントについても言及しています。
転職するか決めていない状態でもエージェントは利用できる?
転職するかどうか決めかねている、迷っている、本当に良い会社から内定をえられた場合だけ・・・こんな状態でもエージェントは支援してくれるのか?この実態について詳しく解説しています。
転職エージェントは「高卒(最終学歴)」でも支援してくれるのか?
最終学歴が「高卒」でも、転職エージェントはしっかりと支援しくてれるのだろうか?こんな疑問を抱えて利用を迷っている人もいるようですね。この実態について詳しく調べてみました。