転職エージェントの「本音」を知らずして使うべからず!

転職エージェントの「本音」を知らずして使うべからず!

本音

 

 

転職エージェントは一体全体どんな存在なんでしょうか?
利用するにあたってこの点はしっかりと解決しておきたいですよね。

 

ここでは、そんな転職エージェントの”本音”に迫ってみたいと思います。

 

 

 

 

転職エージェントは”転職屋”である!

エージェントサービスは利益無くして成り立たない営利ビジネスです。

 

あなたの転職を手助けするだけのボランティア集団ではないので、明確に転職の意思がない場合は「登録お断りの冷やかし勘弁」が本音の世界です。

 

もちろん、これは転職者側からすると関係の無い部分ですから、転職の意思が曖昧でも「可能性を探りたい」「話を聞いてみたい」という感覚で利用するのは問題ありません。

 

ただ、初回の面談が終了して「転職しない方が良い」「利用する気になれない」という判断を下したなら、その旨を担当者に伝えてあげるのが丁寧です。

 

 

転職エージェントからすると、冷やかしの転職活動をサポートするほど虚しい仕事はありません。本気の人に、本気で寄り添ってサポートをする!これが転職エージェントの存在意義です。

 

転職エージェントは「本気で転職したい!」と思った時に使うと、担当者と利害関係が一致するものであると認識しておきましょう。

 

 

転職エージェントは登録者に優先順位を付けている!

エージェント(キャリアコンサルタント)は多数の求職者を同時に担当しています。

 

  • デパート型エージェント ⇒ 100人前後
  • ブティック型エージェント ⇒ 30人前後

 

これだけの人を同時に担当していますから、全員同じウェイトで相手にすることは不可能です。その為、優先順位を付けて対応しているのが普通です。

 

 

  • この10人は売上に繋がる可能性が高いので、優先的に対応しよう!
  • この30人は売上に繋がる可能性が中程度なので、ほどほどに対応しよう!
  • この60人は売上に繋がる可能性が低いので、放置されていると思われない程度でいいや!

 

 

こんな風にセグメントして対応しているのが普通です。

 

最優先で対応される人はこんな人!

  • 転職意欲の高い人
  • 能力・スキルが高い人
  • 高望みせず、しっかりと自分が見えている人
  • 社会人としてのビジネスマナーがなっている人
  • 離職して活動している人

 

要は、「内定獲得の可能性が高い人」「内定を獲得したら入社する確率が高い人」です。もっと分かり易く言うと「お金(売上)に繋がる可能性が高い人」となります。

 

 

転職エージェントも営利企業に勤務する一社員に過ぎません。

 

当然、数字(ノルマ)を課せられています。
だから、ある程度は数字を追い求めた行動が出てしまうものです。

 

社会で働いた経験があるあなたなら理解できますよね!?
これを知った上で賢く利用しましょう!

 

 

 

 

転職エージェントは転職者だけの味方ではない!

エージェントは「転職者」と「企業」、両者の目的を実現させるのが使命です。

 

<求職者の目的>
希望の転職を実現したい(転職先を決定したい)

 

<企業の目的>
当社の求める経験・スキルを有した人物を採用したい

 

これはしっかりと理解しておく必要があります。
決して転職者側だけに立っているわけではないということ。

 

 

エージェントが取り扱う求人は、企業からの「〇〇の経験やスキルを持つ人がいたら紹介して欲しい!」という依頼で成り立っています。つまり、あなたがどんなに強く望もうが、「企業の求める条件を満たしていなければ紹介できない」という現実があるんですね。

 

 

だから、以下のようなことが起こる可能性はゼロではりません。

 

 

  • 公開求人の応募を依頼したが、積極的に取り合ってくれなかった
  • ある企業への応募には積極的に支援してくれなかった
  • 応募するといっていたが、実際に応募しているのか疑わしい

 

 

エージェントの特性を考えれば十分に考えられることです。

これに関しては「転職エージェントで応募していないのに落とすってあるの?」にて詳しく解説しています。興味のある方は合わせてご覧下さい。

 

 

  • 基本的には紹介された求人の中から応募を検討する!
  • エージェントでは高望みは通用しない!
  • どんな求人が紹介されるかはあなたの能力(経験・スキル)次第!
  • 可能性のある求人への応募には最大限のサポートが貰える!

 

 

これが転職エージェントです。
この本音の部分をしっかりと理解した上で賢く利用しましょう!

 

賢く利用すれば、あなたの転職にマイナスになることはありません。

 

 

 


関連ページ

転職エージェント登録からの基本的な流れ!
転職エージェントをスムーズに利用する為に、登録からの流れを把握しておくことは大切です。ここでは、全てのエージェントに共通したサービスの流れを解説しています。エージェントの利用を検討しているあなたに贈る内容です。
転職エージェントの種類には2つの「型」が存在する!
実は転職エージェントには2つの異なる「型」が存在します。それが、デパート型とブティック型です。それ故に、最適なエージェントを選ぶには両者の違いを知ることが必要不可欠です。それぞれの特徴と共に詳しく解説しています。
転職エージェントを使い分ける「基準」を知ろう!
転職エージェントには2つの型が存在するので、最適なサービスを受ける為には使い分けが必要になります。ここでは、そんな時に使える「基準」を提示しています。エージェントを選ぶ際の参考にして下さい。
転職サイトとエージェントの「違い」を知って使い分けよう!
転職の実現に有益な転職サイトとエージェントですが、提供されるサービスには大きな違いがあります。有効活用するためにも双方の特徴をしっかりと把握しておきましょう。
転職エージェントのメリットにはとてつもない価値があった!
エージェントの利用を迷っている人は、エージェントが持つ「メリット」を知って下さい!それでもあなたは使いませんか?と言えるだけの3つのメリットをご紹介します。一つでも刺さるものがあれば、あなたにも利用価値があります。
転職エージェントのデメリットはこう考えると「0」になる!
転職エージェントのデメリットとされていること、実は、デメリットでも何でもない当たり前のことばかりなんですね。ここでは、そんなデメリットを全て潰してゼロにしていきます。利用を検討しているあなたに贈る内容です!
転職エージェントで失敗しない為に持っておくべき心得10選!
転職エージェントを利用して失敗だと感じる人「エージェントが何たるかを理解しておらず、その本質を知らないから」というのが大半です。ここでは、エージェントが何たるかと失敗しないための心得をお伝えしています。
転職エージェントをやる気にさせて優先対応を勝ち取る方法!
転職支援サービスを最大限享受するには、自分の優先度を上げてコンサルタントをやる気にさせることが必要です。ここでは、誰でもできる「優先順位を向上させる方法」をお伝えしています。
企業が転職エージェントを使うのはこんな時!
転職エージェントを使うにあたって、企業目線でエージェントを理解しておくことも大切です。ここでは、企業がエージェントを使う4つのパターンと、そこから導き出されるエージェントの利用をお勧めできる人をお伝えしています。
転職にエージェントを活用すべきか否か?を損得勘定から考えよう!
エージェントを活用すべきか迷っている!そんな時は単純に「損得勘定」で考えてみては如何でしょうか?自分の転職にプラスなのか、それともマイナスなのか?迷いを払拭するための参考に一読下さい!
転職エージェントの「登録数」に対する考え方と実態!
エージェントを利用するにあたり、登録数は気になりますよね。「どれくらい登録すべき?」「平均登録数は?」。これらの疑問を解決する為、登録数に対する考え方と実態を詳しく解説しています。
転職エージェントに「恋」をしてしまった時は要注意!
エージェントの担当者に「恋心」を抱いてしまった。別に構いませんし、あり得ることです。でも、実はそれが転職を失敗に導く原因になることもあるんです!だから、これは細心の注意を払わないといけないことなんです。
腕の良い優秀なエージェントに担当になってもらう方法
転職エージェントの利用において極めて重要なのが、「どんな人に担当になってもらうか」ということ。何故なら、担当者が転職成功のカギを握るからです。ここでは、より優秀な人に担当してもらう方法をいくつかご紹介しています。
転職エージェント利用時の注意点10選!
エージェントを利用するにあたって、絶対に知っておいて欲しい注意点(考え方)を厳選してお伝えします。エージェントで転職を成功させる為に必要なものですから、利用前に是非一読して下さい!
転職エージェントは「無視」するな!そこにはデメリットしかない!
エージェントを利用していると「無視」したくなることはあります。頻度の高い連絡や求人の応募関連の返信は時に面倒です。でも、絶対に無視すべきでない!というのが伝えたいことです。理由を交えて詳しく解説しています。
転職エージェントの「2ch」の評判なんて気にするな!
転職エージェントを利用するかどうかを判断する、利用する会社を選ぶ、そんな理由で2chを確認する人もいるでしょう。悪いことではありませんが・・・正直あまりおすすめできません。その理由を詳しく解説します。