マイナビエージェントとリクルートエージェントどっちを利用すべき?

マイナビエージェントとリクルートエージェントどっちを利用すべき?

マイナビエージェント&リクルートエージェント

 

マイナビエージェントとリクルートエージェント!
両社ともに業界大手の会社で、転職エージェントを探していると必ず目にしますよね。

 

「どっちを利用すべきか?」
「どっちが自分に合っているのか?」

 

こんな疑問が頭に浮かんで悩んでしまいますよね。
ここでは、そんな悩みを吹き飛ばす「決め手」を提供しています。

 

両社を比較した結果からベターを選んでいただければと思います。

 

 

マイナビエージェント×リクルートエージェントの特徴比較

まずは、両エージェントを知る為にそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

満足度の高い手厚い転職サポート詳細
キャリアアドバイザー業界別専任制
若年層の転職に強い(20代前半〜30代中盤)
・総合型(デパート型)エージェント
・土曜日対応可(平日・土曜)
・全国5拠点

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最高峰の求人数(約17万件・全国規模)
転職実績No.1だからこその付加価値サービス詳細
・幅広い年齢層に対応(20〜40代)
・総合型(デパート型)エージェント
・全曜日対応(平日・土曜・日曜)
・全国16拠点

 

両エージェントに共通するのが、「総合型(デパート型)エージェント」として多種多様な業界(職種)の求人を扱っているという点です。

 

それ故に、利用の決め手になるのは「あなたがエージェントに何を求めるか」になります。
両エージェントの特徴から明確な違いについて見ていきましょう。

 

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントはどちらかと言えば若年層(転職コア年齢)の転職に強く、
基準の高い転職サポートに重きを置いたエージェントです。

 

利用者満足度が高く、高い基準の転職サポート(面談によるキャリア形成、転職の相談・悩み解決、応募書類の添削、面接対策など)が期待できます。「職業紹介優良事業者」に認定されていることからも信憑性は高いと判断できますね。

 

マイナビエージェント優良事業者

 

ただ、リクルートエージェントと比較すると求人数は少なく、拠点のある地域(東京・大阪・名古屋・福岡の主要都市)近郊の求人が中心です。その為、地方都市で転職を考えている方にとっては利用価値が低下します。

 

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントはターゲット年齢層が広く、圧倒的な求人数を強みとする万能型エージェントです。

 

業界最高峰の求人数を誇るので、「数多くの求人を紹介してもらえる」という期待が持てます。また、全国規模で求人を扱っているので、求職者の転職希望地域を選ばず、拠点も豊富なのでどの地域にお住いの方でも直接面談が可能です。

 

更に、最大手だからこそ提供できるサービス(利用価値の高い面接力向上セミナーなど)が充実しているのが特徴です。

 

ただ、利用者が多く、担当者1人当たりが抱える人数も多いので、求職者の市場価値(経験・スキル)によっては優先順位が低く設定され、対応が薄くなるといったデメリットも考えられます。

 

 

マイナビエージェント×リクルートエージェント選択

それぞれの特徴から導き出した「おすすめな人」を提示しています。

 

両エージェントは異なる特性を持っているので、両方利用するのも間違っていません。
(転職エージェントは併用して利用するのが一般的!)

 

「最初に利用するならどっち?」という視点で参考にしていただければと思います。

 

<マイナビエージェントがおすすめできる人>

  • 高い基準の転職サポートを望んでいる
  • 転職の可能性、キャリア、疑問などを相談したい
  • 若年層(第二新卒)〜30代前半に属している
  • 主要都市での転職を考えている

 

ご利用の申し込み ⇒「マイナビエージェント」公式サイトへ

 

<リクルートエージェントがおすすめできる人>

  • 豊富な求人数に可能性を見出したい
  • 可能な限り多くの求人を紹介して欲しい
  • 経験職を問わず色々な業界(職種)の求人を提示して欲しい
  • 担当者との接触は最小限に抑えたい(パーソナルデスクトップあり)
  • 地方都市で転職を考えている

 

ご利用の申し込み ⇒「リクルートエージェント」公式サイトへ

 


関連ページ

転職エージェントサイト一覧(詳細情報付き)
転職エージェント各社を一覧で紹介しています。詳細情報(特徴・強み)ページもご用意していますので、最適なエージェントを選ぶ参考にして下さい。
転職エージェントを面談場所から選ぶのも「吉」
キャリアアドバイザーと直接面談を行ってサポートを受ける!これは、転職エージェントを利用する一つの価値です。ここでは、各エージェントの面談場所を一覧で網羅しています。エージェント選びの参考にご利用下さい。
転職エージェントで土日も対応している会社はここ!
ここでは、土日でも面談対応しているエージェントを一覧形式でご紹介します。エージェントを利用したいけど、平日は仕事で忙しくて面談やサポートを受けることができない。そんな忙しい転職希望者のあなたに最適な内容です。
地方都市にも対応している転職エージェントをご紹介!
現在、地方都市に在住している!地方都市に転職(Uターン)を考えている!そんなあなたに最適な地方都市にも対応している(拠点がある)エージェント会社をご紹介しています。
転職エージェントの「強み」を比較して最適を探そう!
満足度の高い転職支援を受ける為には、「あなたの希望 = エージェントの強み」の成立が必要不可欠です。ここでは、各エージェントの強みを一覧網羅していますので、最適なエージェント選びの参考にして下さい!
転職エージェント「特徴」比較一覧【虎の巻】
期待通りの転職支援を受けるには、「あなたの希望」と「エージェントの特徴」がイコールになることが条件です。各エージェントの特徴を網羅していますので、必要条件を満たしたエージェント探しに活用して下さい。
リクルートエージェントとパソナキャリアを比較して選ぶ!
マイナビエージェントとDODAを比較!利用するならどっち?
業界大手のマイナビエージェントとDODAを比較し、「利用するならどっち?」「自分にとって最適なのは?」の疑問を解決します。選ぶ際の「決め手」となる比較情報を提供していますので、参考にして頂ければと思います。
リクルートエージェントとDODAを比較!利用するならどっち?
業界最大手に並び立つリクルートエージェントとDODAを比較し、「どちらを利用すべきか?」「自分にとって最適なのはどっち?」の疑問を解決します。選ぶ際の「決め手」となる情報を提供していますので、参考にして下さい。
マイナビエージェントとパソナキャリアを比較!利用するならどっち?
大手2社のエージェントの特徴を比較し、「どちらを利用すべきか?」「自分に合っているのはどちらか?」の疑問を解決できる情報を提供しています。あなたにとっての最適を選ぶ参考にしていただければと思います。
転職エージェント大手企業一覧 〜大手から始める〜
転職エージェントを選ぶにあたって「大手」を選択することは間違いではありません。何故なら、そこには大手だからこそのメリットがあるからです。ここでは、特におすすめの大手エージェントを一覧でご紹介しています。
転職エージェント「金融業界」求人数ランキング!
金融関連業界への転職に使えるエージェントのTOP3をご紹介しています。大手エージェント各社の求人比較も掲載していますので、参考にながら最適なエージェントを選択して下さい。
転職エージェントを年齢制限(ターゲット)から選ぶ!
質の高い転職支援を受けるには、自分の年齢をメインターゲットとしているエージェントを選ぶことが大切です。ここでは、一覧形式で各社のターゲット年齢を提示しています。最適なエージェント選びにご活用下さい。
フリーターにおすすめの転職エージェント【厳選3社】
フリーターの方が転職エージェンを利用して適切なサービスを受けるには、「フリーターをターゲットにしている会社」を選ぶことが必要不可欠です。ここでは、そんな条件を満たした最適なエージェントをご紹介しています。
第二新卒におすすめの転職エージェント【厳選3社】
第二新卒のエージェント利用には厳しい現実が存在します。それ故に、「第二新卒をターゲットにしている会社」を選ぶことが大切なんですね。ここでは、そんな条件を満たした第二新卒に最適な3社をご紹介しています。
ニートからの就職に使えるエージェントBEST3!
ニートからの就職を目指すならば、闇雲にエージェントを選ぶのではなく、「ニートをターゲットとしているエージェント」を選ぶことがベストな選択です。その理由と共に、ニート利用に最適な会社を3つご紹介しています。
既卒の就職(転職)支援に極めて強い3つのエージェント!
既卒者をターゲットとして優先的に支援してくれるエージェントを3つご紹介しています。既卒からの就職を実現する為に是非とも検討して欲しい会社です。
新卒入社ですぐ辞めて転職する時に使えるエージェント3選!
新卒で入社してすぐに(1年以内)に辞めて転職する・・・。そんな早期退職者のエージェント利用には「厳しい現実」も多いんですね。だからこそ、早期退職者をターゲットとしている会社を選ぶことが重要になります!
高卒におすすめの就職エージェント【厳選2社】
最終学歴が「高卒」であっても、ターゲットとして適切な就職支援を実施してくれる2つの会社をご紹介します。この2社をおすすめする理由にも言及しています。