リクルートエージェントとDODAを比較!利用するならどっち?

リクルートエージェントとDODAを比較!利用するならどっち?

リクルートエージェント&DODA

 

リクルートエージェントとDODA!
転職エージェントを探していると必ず出てくる業界最大手の会社です。

 

「どちらを利用すべきか?」
「どちらが自分に合っているのか?」

 

こんな疑問が頭に浮かんで悩んでしまいますよね。
ここでは、そんな悩みを解決する「決め手」を提供しています。

 

両社を比較した結果からベターを選んでいただければと思います。

 

 

リクルートエージェント×DODAの特徴比較

まずは、両エージェントの特徴を簡単に把握しておきましょう。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最高水準の求人数(約17万件)
転職実績No.1だからこその付加価値サービス詳細
・幅広い年齢層に対応(20〜40代)
・総合型(デパート型)エージェント
・全曜日対応(平日・土曜・日曜)
・エージェントNo.1の面談拠点(全国16拠点)

DODA

DODA

業界最高水準の求人数(約17万件)
5つの満足度No.1詳細
ダブル体制の転職サポート
・幅広い年齢層に対応(20〜40代)
・総合型(デパート型)エージェント
・土曜日対応可(平日・土曜)
・面談拠点が豊富(全国10拠点)

 

両エージェントに共通するのが、業界最高水準の求人数(共に約17万件)を持ち、「総合型(デパート型)エージェント」として多種多様な業界(職種)の求人を扱っているということ。更に、ターゲット年齢や面談拠点の多さも共通事項です。

 

業界最大手に並び立つ2社ですから、特徴は似ています。

 

それ故に、利用の決め手になるのは「独自の特徴」になります。
両エージェントの特徴から明確な違いについて見ていきましょう。

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績No.1を誇る万能型エージェントです。

 

業界最高峰の求人数を誇るので、「数多くの求人を紹介してもらえる」という期待が持てます。また、全国規模で求人を扱っており、求職者の転職希望地域を選ばず、面談拠点が最も多いので直接面談が受けやすいという利点があります。

 

更に、最大手だからこそ提供できるサービス(通過率が35%アップすると言われる面接力向上セミナー、何処よりも詳しい企業情報エージェントレポートなど)が充実しています。また、利用者だけが使えるパーソナルデスクトップというものが用意されており、ネット上だけで気楽にやり取りができる利点もあります。

 

 

DODA

DODAは「5つの満足度No.1」を持つ万能型エージェントです。

 

業界最高水準の求人数(約17万件)を抱えており、「数多くの求人を紹介してもらえる」という期待が持てます。現に、「紹介される求人数」「求人紹介の頻度」が満足度No.1なので、信憑性は高いと判断できます。

 

DODAの求人No1

 

また、「キャリアアドバイザー」と応募企業の採用動向を熟知した「採用プロジェクト担当」のダブル体制でサポートしてくれるのが独自の特徴で、「アドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」という項目もNo.1なので、しっかりとしたサポートが期待できます。

 

 

リクルートエージェント×DODA選択

それぞれの独自の特徴から導き出した「おすすめな人」を提示しています。

 

両エージェントは同じような特徴を持っているので、甲乙付けるのが難しいのがホントの所です。両方使うことも間違いではないので、「最初に利用するならどっち?」という視点で参考にしていただければと思います。

 

<リクルートエージェントがおすすめできる人>

  • 転職成功実績No.1のノウハウに期待したい
  • 有益なセミナーを受講して転職活動のレベルアップを図りたい
  • 応募企業に関しては詳細な情報が欲しい
  • 電話や直接会ってのサポートを極力減らしたい

 

ご利用の申し込み ⇒「リクルートエージェント」公式サイトへ

 

 

<DODAがおすすめできる人>

  • 数多くの求人から応募先を検討したい
  • 継続的な求人紹介を受けたい
  • 相性の合う担当者からサポートを受けたい
  • ダブル体制の元でしっかりとしたサポートを受けたい

 

ご利用の申し込み ⇒「doda」公式サイトへ

 

 

ここでの比較はあくまでも可能性の問題だと捉えて下さい。
たとえば、求人数で言うと、「DODAを利用する方が多くの求人紹介を受けれる可能性が高い」ということであり、人によっては逆転することも十分に考えられます。


関連ページ

転職エージェントサイト一覧(詳細情報付き)
転職エージェント各社を一覧で紹介しています。詳細情報(特徴・強み)ページもご用意していますので、最適なエージェントを選ぶ参考にして下さい。
転職エージェントを面談場所から選ぶのも「吉」
キャリアアドバイザーと直接面談を行ってサポートを受ける!これは、転職エージェントを利用する一つの価値です。ここでは、各エージェントの面談場所を一覧で網羅しています。エージェント選びの参考にご利用下さい。
転職エージェントで土日も対応している会社はここ!
ここでは、土日でも面談対応しているエージェントを一覧形式でご紹介します。エージェントを利用したいけど、平日は仕事で忙しくて面談やサポートを受けることができない。そんな忙しい転職希望者のあなたに最適な内容です。
地方都市にも対応している転職エージェントをご紹介!
現在、地方都市に在住している!地方都市に転職(Uターン)を考えている!そんなあなたに最適な地方都市にも対応している(拠点がある)エージェント会社をご紹介しています。
転職エージェントの「強み」を比較して最適を探そう!
満足度の高い転職支援を受ける為には、「あなたの希望 = エージェントの強み」の成立が必要不可欠です。ここでは、各エージェントの強みを一覧網羅していますので、最適なエージェント選びの参考にして下さい!
転職エージェント「特徴」比較一覧【虎の巻】
期待通りの転職支援を受けるには、「あなたの希望」と「エージェントの特徴」がイコールになることが条件です。各エージェントの特徴を網羅していますので、必要条件を満たしたエージェント探しに活用して下さい。
リクルートエージェントとパソナキャリアを比較して選ぶ!
マイナビエージェントとリクルートエージェントどっちを利用すべき?
業界大手に君臨するマイナビエージェントとリクルートエージェント。利用するならどっち?自分に合っているのは?こんな疑問を解決するため、選ぶ際の「決め手」となる情報を比較検証から提供しています。
マイナビエージェントとDODAを比較!利用するならどっち?
業界大手のマイナビエージェントとDODAを比較し、「利用するならどっち?」「自分にとって最適なのは?」の疑問を解決します。選ぶ際の「決め手」となる比較情報を提供していますので、参考にして頂ければと思います。
マイナビエージェントとパソナキャリアを比較!利用するならどっち?
大手2社のエージェントの特徴を比較し、「どちらを利用すべきか?」「自分に合っているのはどちらか?」の疑問を解決できる情報を提供しています。あなたにとっての最適を選ぶ参考にしていただければと思います。
転職エージェント大手企業一覧 〜大手から始める〜
転職エージェントを選ぶにあたって「大手」を選択することは間違いではありません。何故なら、そこには大手だからこそのメリットがあるからです。ここでは、特におすすめの大手エージェントを一覧でご紹介しています。
転職エージェント「金融業界」求人数ランキング!
金融関連業界への転職に使えるエージェントのTOP3をご紹介しています。大手エージェント各社の求人比較も掲載していますので、参考にながら最適なエージェントを選択して下さい。
転職エージェントを年齢制限(ターゲット)から選ぶ!
質の高い転職支援を受けるには、自分の年齢をメインターゲットとしているエージェントを選ぶことが大切です。ここでは、一覧形式で各社のターゲット年齢を提示しています。最適なエージェント選びにご活用下さい。
フリーターにおすすめの転職エージェント【厳選3社】
フリーターの方が転職エージェンを利用して適切なサービスを受けるには、「フリーターをターゲットにしている会社」を選ぶことが必要不可欠です。ここでは、そんな条件を満たした最適なエージェントをご紹介しています。
第二新卒におすすめの転職エージェント【厳選3社】
第二新卒のエージェント利用には厳しい現実が存在します。それ故に、「第二新卒をターゲットにしている会社」を選ぶことが大切なんですね。ここでは、そんな条件を満たした第二新卒に最適な3社をご紹介しています。
ニートからの就職に使えるエージェントBEST3!
ニートからの就職を目指すならば、闇雲にエージェントを選ぶのではなく、「ニートをターゲットとしているエージェント」を選ぶことがベストな選択です。その理由と共に、ニート利用に最適な会社を3つご紹介しています。
既卒の就職(転職)支援に極めて強い3つのエージェント!
既卒者をターゲットとして優先的に支援してくれるエージェントを3つご紹介しています。既卒からの就職を実現する為に是非とも検討して欲しい会社です。
新卒入社ですぐ辞めて転職する時に使えるエージェント3選!
新卒で入社してすぐに(1年以内)に辞めて転職する・・・。そんな早期退職者のエージェント利用には「厳しい現実」も多いんですね。だからこそ、早期退職者をターゲットとしている会社を選ぶことが重要になります!
高卒におすすめの就職エージェント【厳選2社】
最終学歴が「高卒」であっても、ターゲットとして適切な就職支援を実施してくれる2つの会社をご紹介します。この2社をおすすめする理由にも言及しています。